無添加ドッグフードやナチュラルドッグフードって本当に安全??「愛犬の健康を考えた賢いドッグフードの選び方」完全公開!!

ドッグフード研究所ロゴ ドッグフードの選び方ならドッグフード研究所
〜リサイクルドッグフード発売!原材料:犬!?〜
トップページ
100匹目のわんこのわ
ウェブリングサンプル
みなさんから頂いた応援メッセージ
リンク・参考文献
サイトマップ
『もうペットフードメーカーには騙されない』
無料メルマガ配信中
E-mail:
 
line
 「わたしのかわいいワンちゃんに、体に良くて、おいしいドッグフードを選んであげよう。でも…お店に置いてあるドッグフードはどれも同じように見えて、どれを選んでいいかわからないわ。

 そんな中、1つのドッグフードを手に取り、
 「たしかこのドッグフードって、TVのCMでトップブリーダーがすすめていたものね。色んな色しててすごくおいしそう。これならあの子も喜んでくれるわ。お値段も手頃だし、『100%自然素材・完全無添加』って書いてあるから、これで間違いないわよね!」

 ドッグフードを売っているお店でよくある光景ですが…
 実はこの飼い主さんは大きな間違いを犯しています。

 この方法でドッグフードを買い続けると、この飼い主のワンちゃんの健康を損なう可能性が極めて高いです。

 「え〜??でも、トップブリーダー推奨で「100%自然素材・完全無添加』って書いてあるから安心じゃないの??」

 そこが問題なのです。
 数あるドッグフードの中には、わたしたちが考えているよりもおどろくほど質のわるいドッグフードがあります。そして、それはとても巧妙な手口で隠されていて、ドッグフードの知識がなければ見抜くことができません。

 このドッグフード研究所は、そんなペットフードメーカーに騙されずに、あなたのワンちゃんにぴったりの最良のドッグフードが選べるような知識を学んでもらうために作りました。

 各章では以下の内容を学ぶことが出来るようになっています。最初から順を追って読んで頂くことにより、全ての章を読み終わったときに、あなたはペットフードメーカーの思惑に惑わされず、あなたのワンちゃんにぴったりの「安全」なフードを選べるようになっています。

第1章「こんなドッグフードは買ってはいけない!」
ドッグフードの原材料から賞味期限まで、ドッグフードに関するあらゆる問題をとりあげ詳細に説明しています。
第2章「ペットフード業界の裏事情」
問題のドッグフードを製造しているペットフードメーカーの、消費者には知られたくない裏事情を公開しています。
第3章「ドッグフード研究所を立ち上げた理由」
私がドッグフード研究所を立ち上げた理由を書いています。
第4章「ドッグフードの賢い選び方」
第1章、2章の問題点をふまえた上で、どうすれば安心できるドッグフードが購入できるようになるかを説明しています。
第5章「愛犬とのハッピーライフ」
あなたが愛犬と幸せに暮らすために必要な、具体的な行動について書いています。

 たまに気の早い方で、第4章「ドッグフードの賢い選び方」から読まれる方もいますが、第1章〜第3章を読んだうえで第4章を読んだ場合と、第1章〜第3章をとばして、すぐに第4章を読んだ場合とでは、ドッグフードの賢い選び方の理解度が全然違ってきます。賢い選び方を学ぶ前に、そもそもどのような危険なものが入っているかを知ることはとても重要なことです。

 第1章〜第5章を順番に読んで頂くことで、効率的に知識を学べるように作ってあります。あなたの愛するワンちゃんのためにも、ゆっくりと時間をかて学んで頂くことをおすすめします。

 また、ドッグフード研究所の講義を全て読むのには時間がかかりますので、下記ボタンをクリックして「お気に入り」に追加して、少しずつ読み進めることをおすすめします。

お待たせしました。それでは以下のリンクをクリックして、第1章「こんなドッグフードは買ってはいけない!」へ進んでください。



 このドッグフード研究所を設立してから、多くの人からあたたかい応援メッセージをもらいました。掲載許可をもらえた感想の一部をここで紹介させてもらいます。
たまたま、このページを見つけて読みました。私は14才です。うちでも、犬を飼っていてもちろんドッグフードもあげています。うちのは高い値段の物を買うようにしていますが、大型犬なのでドッグフードだけでは間に合いません。なので自分でもなるべく作ったりしていますがなかなか上手く行きません。なのでもう少し安い物に変えようと思いましたが、このページを読んで、高くてもいいから一生付き合っていくパートナーなのだから、良い物を食べさせてあげたいと思いました。(真沙美さん)



はじめまして
序章、第一章、とても興味深く読ませていただきました。
私自身、去年愛犬を亡くしてしまったのですが、
今でも犬に対しても愛情は忘れていません。
全ての飼い犬には幸せな一生を過ごして欲しいと思っています。

さて、ドッグフードの件ですが
以前、週刊誌でドッグフードには糞尿や屍が入っているなどとセンセーショナルな記事を読んだことがあります。

我が家では、ドッグフードはほとんど与えておりませんでした。犬も味がわかるんですかね。愛犬がドッグフード嫌いでした。白米と野菜、肉を煮込んだ食事をおいしそうに食べていました。

やはり、幸せな一生を左右するのは食事だと思います。
是非、DOGFOOD研究所様のレポートを読ませていただきたいです。こういった有益な情報は是非、世の中に出るべき多度思います。
研究所様のレポート結果を私の周りの飼い主に教えてあげたいです。

是非、これからも頑張ってください。応援しています。

追伸
幼稚な文章で大変申し訳ありません。
私の犬に対する愛情を分かって頂けたら幸いです(ともひろさん)



すごく為になります。4年程前に犬を飼い始めて、その時にドッグフードのことが詳しく書いてある本を買いました。こちらのHPにかかれていることと同じような内容の本です。読み終えた後、ホームセンターやスーパーでは良いフードがまったく手に入らずに、苦労しました。こういうことは動物を飼うにあたって勉強しなくてはならない事ではないかと思います。ペットフードのCMではイメージばかりで消費者をだましているように思います。私もいろいろと勉強して、常に新しい情報を吸収したいとおもってますので、これかも楽しみにしています。頑張ってください。(Y.Oさん)



私の小さい頃、父親が猟銃を趣味としていた為ずーっと犬が家にいるのが当たり前の生活で育ちました。犬は家族なんです。ただ父の犬に対する世話(特に食事関係、昔は残飯が主でした)や扱いには子供ながら疑問を持っていました。父はとても多忙な人だったので私が自分で犬を飼う時は充分な世話が出来る時間と精神的な余裕がある時まで待とうと学んだと思っています。
二人の子供が小学校高学年になり自営で忙しいけれどほぼ家にいる生活そして一軒家への引越しでやっと念願の時がきました、7カ月前から充分愛情をかけてあげられる室内犬のトイプードル3カ月前から同犬種をもう1匹と愛犬ライフを満喫しています、子犬を必死で育てる時期が過ぎ、ふとドッグフードに疑問が湧きました、最初はドッグフード信仰でフードしか与えてはいけない!とおもっていましたから
いろいろ調べました(今は手作り併用派ですが)がなかなか的確な答えはありませんでした、このサイトを見つけた時は大喜びしましたよ!私事の前置きが長くなりましたが今後も期待して欠かさず読みます!出来ればドッグフードを作って欲しいくらいです、まだ途中までしか読んでいないので製品が発売されているのならごめんなさい。(ココアママさん)

スペースの関係上、ここに全てのメッセージを表示できないのでこちらにみなさんからの感想を紹介させてもらいます。応援してくれてほんとうにありがとうございます。

トップページ / 100匹目のわんこのわ / ウェブリングサンプル
応援メッセージ / サイトマップ / リンク
line

Copyright(C) 2004-2011 ドッグフード研究所 All Rights Reserved.