> ドクターズダイエットは本当に安全?原材料を調べた結果...

1 .ドクターズダイエットの特徴

ドクターズダイエット

ドクターズダイエットは動物病院専用のフードということもあり、愛犬に安心して与えられるドッグフードの一つです。
愛犬にはいいものを食べさせてあげたいと考えていても、ドッグフードの選択は難しいものです。
ものよっては危険な成分や原材料が使われていることもありますから、ドッグフード選びには神経を使う飼い主さんも多いはず。
このページでは、ドクターズダイエットの特徴から成分や原材料、口コミまで紹介していきたいと思います。
是非ドッグフード選びの参考にしてください。

 

1-1.国内産の動物病院専用ペットフード

市販されているドッグフードには外国産もあれば国産もあります。
ドクターズダイエットは国内工場で作られたドッグフードで、国産にこだわる飼い主さんには最適です。
また、気になる合成酸化防腐剤や着色料も使われていないため、安心して与えることができます。
専門家も認める動物病院専用のペットフードということで犬用療法食としても活用されているため、愛犬の健康維持にもおすすめの商品です。
どんな商品がいいのかと迷っている人にとっては、安心して選ぶことができるドッグフードと言えます。

 

1-2.ライフステージに合わせた商品ラインナップ

ドクターズダイエットには、幼犬用、成犬用、高齢犬用、肥満犬用のドッグフードが用意されライフステージに合ったフードを選ぶことができます。
また、猫用の商品も豊富に取り揃えられています。
ドッグフードを選ぶ目安としては、幼犬用のパピージュニアエイドが3ヶ月~12ヶ月、
成犬用のレギュラーメンテナンスが1歳~7歳、高齢犬用のエイジングエイド が8歳以上となっています。
年齢によって消化器官が未発達であったり、必要な栄養も変わってきます。
また、年齢を重ねれば様々な病気になることもあります。
それぞれの年齢に合った食事をすることは、人と同様に犬でも大切なことです。
それぞれのライフステージに合ったフードが用意されているドクターズダイエットなら、愛犬の年齢に合った健康管理をすることができます。

 

1-3.皮膚疾患が気になるワンちゃんには犬用スキンケア

動物病院を利用する人の多くが皮膚病が原因で利用すると言われるほど、皮膚疾患は犬にとって身近な病気の一つです。
皮膚疾患になる理由の一つが栄養不足です。
ドッグフードを与えていても、それぞれで含まれている栄養が違いますし、愛犬に合っていなければうまく栄養を吸収することができません。
ドクターズダイエットの商品ラインナップには、多くの犬が発症する皮膚病治療に有効なドッグフード「犬用スキンケア」も用意されています。
犬用スキンケアは、アレルギー症状を引き起こす穀物の小麦などが使用されておらず、米を使用し、肉も純国産のチキンに限定された商品です。
また、アレルギーに効果的なEPAも配合され、皮膚疾患のあるワンちゃんにおすすめできるドッグフートです。

 

1-4.高齢の犬にはハイシニアエイド

ドクターズダイエットには、高年齢犬用のエイジングエイドもあります。
犬は人間よりも早く年をとるため、いつの間にか元気がなくなったと感じている飼い主さんも多いのではないでしょうか。
「昔は物音がすればすぐに反応したのに今では全く興味を示さない」、「散歩に行くときでもあまり喜んでくれない」など感じることは様々でしょう。
これらの変化の原因は、大抵が老化です。
そのため、こういった変化がみられる時には、その年代に合ったドッグフードに変えてみましょう。
少しでも長生きしてほしい、少しでも長く元気に過ごさせてあげたいと考えているなら、愛犬の年齢を考慮することも重要です。

2.ドクターズダイエットの成分&原材料

ドクターズダイエットは動物病院専用といっても、本当に安心できるドッグフードなのでしょうか?
実際に愛犬に与えるとなると、やはり成分や原材料が気になるところです。
犬は肉食であるため、肉が多く使われている方が好ましいとされていますし、消化が悪くアレルギーの危険性もある、コーンや大豆、小麦などは犬にとって好ましくない食材とされます。
また、防腐剤や着色料などの添加物は、言うまでもなく健康に良いものではありません。
こういったものが含まれているドッグフードは、愛犬に食べさせたくないと考えている飼い主さんも多いと思います。
そこで、ここからはドクターズダイエットの成分や原材料について詳しく見ていきたいと思います。

 

2-1.原材料に危険なものは含まれていない?

ドクターズダイエットは動物病院専用のフードということもあり、一般的に言われている危険な原材料は使われていないと思っている人も多いと思います。
確かに危険だと言い切れるほどの原材料は使われていませんが、注意すべき原材料は意外と多く使用されています。
原材料表記では、使用量の多いものから表記するという義務があります。
成犬用のレギュラーメンテナンスでは、原材料でまず表記されるのがトウモロコシです。
トウモロコシはアレルギーを引き起こす原因ともなる食材です。
その他にも好ましくない原材料としては、ポークミールやフィッシュミール、動物性油脂、脱脂大豆、コーングルテンミール、チキンレバーパウダー、ライスプランなどが配合されています。

 

2-2.ドクターズダイエットの成分について

ドクターズダイエットの成分が気になるけど、どのように見たらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
レギュラーメンテナンスの成分としては、タンパク質が24.0%以上、脂質10.0%以上、粗繊維3.5%以下、粗灰分7.5%以下と表記されていますが、基準がよく分かりませんよね?
ドッグフード選びでの基準としては、タンパク質が22%以上、粗繊維が5%前後、粗灰分が10%前後とされています。
ドクターズダイエットをこの基準に照らし合わせると、成分としては特に問題がありません。
その他にもミネラルやビタミンなどの栄養バランスもよく、関節に良いグルコサミンなども配合されています。

3.ドクターズダイエットの口コミ・評判

ドクターズダイエットの口コミや評判が気になるところですが、多くの人が高い評価をしている商品です。
「食いつきがとてもいい」、「体臭も排便の臭いも軽減」、「湿疹ができやすい我が家の犬には最適」などの声があります。
高年齢犬用のドッグフードでは、「以前は便が緩かったのですが、このドッグフードに替えてしっかりとしたウンチが出るようになった」といった声もあります。
このように、口コミではかなりの高評価を得ています。
多くの人が獣医さんに勧められて購入したようで、ドクターズダイエットの効果も実感している人が多くいるようです。

4.ドクターズダイエットの総合評価

動物病院専用のドッグフードということで、かなり期待していた人も多いと思いますが、原材料については好ましくないものが意外と多く使用されています。
ただし、国産であること、合成酸化防腐剤や着色料が使われていないという点は評価できるのではないでしょうか。
販売価格は特別に高いわけではありませんが、決して安くもありません。
そのため、獣医さんに勧められても、コスパ面で購入をあきらめている人もいるかもしれませんね。
しかし、ドクターズダイエットは、動物病院だけでなく大手通販サイトのAmazonでも購入可能です。
ここなら、通常の価格よりも安く購入できるので、コスパが気になるという人は大手通販サイトでの購入を考えてみてはいかがでしょうか。