> ユーカヌバ シニアは何が違う?高齢犬に適している理由とは

愛犬の健康をサポート!ユーカヌバのシニア犬用について

犬も加齢とともに体調などに変化が現れます。
そのため、老犬ともなれば食事の内容は変える必要があります。
各種ドッグフードメーカーは「シニア犬」用のドッグフードの開発をしています。
そしてその一つであるのが、ユーカヌバです。
ユーカヌバは、高級プレミアムドックフードとして認識されているブランドです。
愛犬の為に栄養学から作り出された健康維持用のドッグフードなのです。
ドッグフードにも色々と種類がありますから、犬に合わせてしっかりと選んであげることです。
それが飼い主の義務であるといえるでしょう。
その選択肢の一つとして、ユーカヌバがあります。
様々なペット用品店で販売されていますし、楽天市場などネット通販で注文することもできます。
そんなユーカヌバのポイント、選び方などをご紹介しましょう。

 

ユーカヌバ シニア

 

犬種やライフステージに合わせたドッグフードの選び方

大型犬に適したドッグフードの特徴と栄養成分

大型犬は大きな体なわけですから、関節や心臓への負担が大きくなることが多いです。
そのため、心臓や関節、腸内ケアによいとされているドッグフードを選ぶとよいでしょう。
また、大型犬はカルシウムやミネラルの吸収がよくないという点も特徴です。
従って、栄養成分の吸収効率が高い配合をしているドッグフードを選ぶことです。
必要となるカロリーは、体重1kgに対して約50kcal必要とされていますから、その点も確認しておきましょう。
大型犬は何かと運動量が多いのですが、もしも日ごろの散歩などで運動ができていない場合は、ダイエットに適したフードを選ぶ必要性もあることでしょう。

 

子犬から成犬に適したドッグフードとは

子犬は栄養的には成犬の二倍近い分量が必要であるといわれています。
つまり、栄養豊富なドッグフードを選ぶ必要があるでのす。
ドッグフードは子犬用と成犬用に別れています。
小型犬種用とは違いますから注意しましょう。
当たり前ですが、子犬用をそのまま成犬に与えるのはよくないですし、逆の場合もまた然りと言えます。
ラム肉などを使っているタンパク質が豊富なドッグフードを子犬の時には与えるとよいでしょう。
もちろん、他の各種栄養素も必要ですから、バランスを考えて与える必要があります。
ですが、最近の傾向として太り気味の犬も多くなっていますからカロリー過多には注意しましょう。

 

シニア犬に適したドッグフードとは

シニア犬は、確実に胃腸などの消化器官が衰えています。
その点を踏まえて、消化を意識した高齢犬用のドッグフードを選ぶとよいでしょう。
更に成犬の時よりも高タンパク質であり、低脂肪であることを意識してください。
新陳代謝も悪くなっているので、成犬と同じ量を与えていますと太っていくことが多いからです。
加齢と共に関節などの痛みが出てくる犬もいますから、グルコサミンやコンドロイチンが配合されているようなドッグフードを与えても良いでしょう。
グルコサミンやコンドロイチンは、脂肪の燃焼にもよいとされていますから、ダイエット面からも推奨できる要素があるのです。
様々な犬種用のドッグフードがありますから、シニア用の商品を選択しましょう。

 

飼い主と愛犬が喜ぶ高品質プレミアムドッグフード!ユーカヌバとは

人気の理由は健康をサポートする6つの素材

ユーカヌバが多くの飼い主さんに支持される理由は、健康サポートに合致した見事な素材が配合されているからです。
具体的にどういった素材が配合されているのかと言うと、以下の6つが挙げられます。

 

・健康な皮フ・毛づやの維持にオメガコートオメガ-6脂肪酸とオメガ-3脂肪酸を適切な配合によって含んでいます。
・免疫維持をサポートのためにイミューノヘルスビタミンEのような抗酸化栄養素を配合しいます。
・健康な筋肉の維持をサポートの為に、動物性蛋白質が豊富。
・歯垢・歯石ケアの為に、ミネラル成分マイクロ・クレンジング・クリスタルを配合。
・お腹の健康維持のケアの為に、消化の良い動物性たんぱく質と米を使用。適度な発酵性を持つ食物繊維とロイヤルバイオティクスの配合がされています。
・健康な骨健康な骨に必要なカルシウムを、適切なレベルで配合されています。

 

このような素材の配合がされており、愛犬の健康のサポートをしてくれるのです。

 

品質管理が徹底しているから安心

ユーカヌバのドッグフードは、品質管理が徹底されていることでも有名です。
まず、厳格な基準を満たした原材料のみが使用されています。
その上で、管理の段階で材料の栄養価を損なわないために、環境管理、調理温度や食材の配合率にもしっかりと基準が設けられているのです。
出荷前には、100以上の品質検査が行われており、安心して愛犬に与えることができるわけです。
どんな管理がされているのか、という点は大事な要素でしょう。
厳格な基準が150以上もあり、それをクリアしていないものは出荷しない、というのはユーザーにとっては注目するべき点でしょう。

 

商品ラインナップが豊富

ユーカヌバには、いくつもの商品ラインナップがある、という点も魅力です。
大抵のドッグフードは年齢別の商品構成となっており、子犬(大体1歳程度)までから6歳までの成犬用、そしてシニア用があります。
ユーカヌバも例外ではなく、子犬用、政権用、シニア用の他、11歳以上のスーパーシニア用のドッグフードまであります。
さらに、犬種別では、チワワ用やミニチュアダックスフンド用やトイプードル用などもあります。
このようにいくつもの種類があり、細かく犬種や状況に合わせてドッグフードを選ぶことができる、という点はやはり魅力的であるといえるでしょう。

 

ユーカヌバの原材料や成分について

抗酸化栄養素が免疫力維持をサポート

抗酸化栄養として、イミューノヘルスビタミンE・ベータカロテンが配合されています。
これらの栄養素は免疫力の維持をサポートしてくれるものであり、健康のためには非常に良い成分であるといえるでしょう。
とはいえ、イミューノヘルスビタミンE・ベータカロテンが大量に配合されているわけではなく、栄養学に基づいて適度なバランスで配合されていることも重要なポイントです。
ビタミンEやベータカロチンといえば、人間にいとっても重要な栄養素ですから、愛犬にもしっかりと与えておきたいところです。
そうすれば愛犬の健康をキチンと維持できることでしょう。

 

健康な皮膚と毛づやを維持できる

犬は意外と皮膚病になることが多いです。
毛の艶が悪くなり、皮膚が痒くなって、どんどん掻いてしまいます。
そして、更に悪化するという悪循環があります。
そうならないように、日々の食事で皮膚や毛づやによい物を選ぶようにしましょう。
ユーカヌバのドッグフードには、皮膚の維持によいとされている、オメガ-6脂肪酸、オメガ-3脂肪酸が適正なバランスで含まれています。
これも実によい点であるといえるでしょう。
過度な期待は禁物ですが、こういった脂肪酸が皮膚や毛によいことは確かです。

 

筋肉の健康を維持する動物性たんぱく質が主原料

犬も加齢と共に筋肉が衰えていきます。
ですから、筋肉を維持するためには、高品質なたんぱく質を摂取することも重要です。
もちろん、子供の時でもしっかりと筋肉を成長させる必要がありますから、子犬であろうと高品質なたんぱく質は必要不可欠であるといえます。
ユーカヌバでは、筋肉の健康維持の為に動物性たんぱく質が主原料となっています。
これのよって筋肉に必要なたんぱく質をしっかりと摂取することができますから、ユーカヌバは愛犬の健康な筋肉の維持をサポートしてくれるドックフードと言えます。
これだけでも与える価値がある点といえるでしょう。

 

歯垢や歯石をケアするミネラル成分配合

犬にもしっかりと歯磨きをさせている人もいますが、なかなか多くはないでしょう。
犬に歯磨きをさせるのが難しいからです。
そこで、歯磨きの代わりに餌で歯垢や歯石を抑えるようにする方法があるのです。
ユーカヌバは、ミネラル成分マイクロ・クレンジング・クリスタルを配合したカリカリの粒によって、歯石、歯石の蓄積を抑えるサポートをしてくれるようになっています。
カリカリした粒を噛ませることによって、歯のケアをすることができます。
何かと安易に見られがちな虫歯や歯垢ですが、怖い病気に繋がることもありますから対処しておきましょう。

 

ロイヤルバイオティクスが腸の健康を維持

お腹の健康維持のために、消化の良い動物性たんぱく質を使っている点にも注目したいところです。
更に発酵性を持つ食物繊維(ビートパルプ)とロイヤルバイオティクスの配合によって、腸内環境を整えてくれるのです。
ロイヤルバイオティクスとはフラクトオリゴ糖のことであり、ビートパルプと混じることによって、愛犬の腸内に善玉菌を増やしてくれるのです。
愛犬の腸の為にも、こうした点に配慮しているドックフードを選ぶことは、実に賢明であるといえるでしょう。
腸の健康を維持するために、ユーカヌバはお勧めできます。

 

健康な骨を維持するカルシウム

骨に良い栄養素と言えばカルシウムでしょう。
それは人間にも言えることですし、犬にも言えることなのです。
ユーカヌバのドッグフードには、しっかりとカルシウムが配合されています。
ですが、カルシウムは摂取のし過ぎも問題になるのです。
ですから、ユーカヌバには健康な骨に必要となるカルシウムを適切な量で配合しています。
過剰に配合されているわけではありませんから、その点の心配はすることはないでしょう。
適切な量で、というのはやはりその犬の大きさ、犬種などに合わせることが重要ですから、ドックフード選びでは大型犬、小型犬などの種類別からまずは選びましょう。

 

危険な原材料や成分は入っていない?

愛犬の健康のためには、「ドッグフードの原材料や成分に危険なものが入っていないか」という点をチェックすることは重要です。
ユーカヌバのドッグフードは、原材料や成分の安全性に関しては優秀だと言えます。
120以上の品質管理の基準があり、原材料に関しても自社にてしっかりとチェックされています。
また、「動物性タンパク質を中心とした高品質の原材料しか使用しません」と宣言し、独立した専門家によって品質検査も受けています。
そのため、10年以上に渡って最高ランクの評価を受けています。
品質に関しては、特にお勧めできるドッグフードと言えるでしょう。

 

ライフステージとサイズで選ぶユーカヌバ

5歳以上の大型犬種ならシニア犬用の大粒

ライフステージで選ぶことがドックフードの基本です。
要するに、愛犬が何歳であるのか、ということです。
5歳以上の大型犬種であれば、シニアになります。
「5歳からシニア?」と思うかもしれませんが、人間の年齢で考えてはいけません。
5歳以上の高齢犬であれば、とにかくビタミンやミネラルなどを効率的に摂取させたいところです。
ユーカヌバのシニア用の大粒ドックフードには、ビタミンやミネラルに加えて、L-カルニチンなども含まれており、シニアの犬の健康の維持をサポートしてくれるようになっています。
5歳以上のシニアになると何かと新陳代謝も悪くなってきますから、いよいよ食べる物には注意したいところです。
その為に、ユーカヌバのシニア用大粒を選ぶのです。
大粒は基本的に大型犬用になりますので注意しておきましょう。

 

7歳以上の中型犬種ならシニア犬用の小粒

7歳以上の中型犬種も十分にシニアといえることでしょう。
ですから、シニア中型犬種用の小粒を選択しましょう。
シニア用は、消化のしやすさが重視されたドッグフードですが、ユーカヌバの特徴ともいえる栄養素もきっちりと含まれていますし、栄養成分的にはまったく問題ありません。
なお、中型犬ですと「大粒にするのか小粒にするのか」という点で迷うことがあるでしょうが、基本的に小粒でよいでしょう。
犬はあまり噛まないで食べることが多いので、消化能力の衰えたシニア犬の場合、大粒より小粒のほうが安心して食べさせることができるのです。

 

7歳~10歳の小型犬ならシニア犬用の超小粒

7歳から10歳の小型犬用のドッグフードもあります。
それがシニア犬用の超小粒です。
「超」というのが面白いところであり、本当にかなり粒が小さいタイプのドッグフードです。
優れた栄養バランスで、7歳~10歳の小型犬の免疫力維持をサポート し、加齢と共に衰えていく免疫力の維持にも有効です。
小型犬は本当に小さいですから、食事もできるだけ細かい物にしたほうがよいのです。
その為、「超小粒」というドックフードがあるわけです。
小型犬は大型犬よりもシニアの定義がやや後ろになっていますが、それでも注意はしておくべきでしょう。
年齢に合わせて餌は変えていきましょう。

 

ユーカヌバの口コミと評判

超小粒を小型のシニア犬に与えている人の口コミ

超小粒をシニア犬に与えている人の口コミがいくつかありました。
曰く、「しっかりと食べいる」、「吐くことがなくなった」などの意見が見受けられました。
犬は意外とよく吐きます。
吐きやすい体の形をしており、特に粒が大きいドッグフードはあまり噛まずに丸のみする傾向があるため、よく吐いてしまうことがあるのです。
しかし、「超小粒ですとそうしたことがなくなった、少なくなった」という意見、口コミがよく見受けられました。
これは飼い主としては非常に有難い点であるといえるでしょう。
吐しゃ物の処分、処理もそうですが、それ以上に愛犬の体の為になります。

 

小粒を大型のシニア犬に与えている人の口コミ

小粒をシニアの大型犬に与えている人の口コミとしては、「小さいから満足してくれないのではと不安だった」という意見がありました。
しかし、その後、「問題なくおいしそうに食べています」と口コミが寄せられていましたから、その点に関しては問題なかったのでしょう。
量的な問題は愛犬に合わせるとして、味も問題ないようですし、小粒のほうが消化に良いことは確かですから、そちらを与える人も多いのでしょう。
愛犬の胃腸への負担を考えますと、決して間違っていることはないでしょう。

 

まとめ

ユーカヌバは確たるブランド力があるペットフードメーカーであるといっても過言ではないでしょう。
そんなユーカヌバのドッグフードは、高品質であり、高いレベルでの品質管理などによって裏付けされたものですから、安心して愛犬に与えられます。
ライフステージや犬種によって細かい製品の差がありますから、しっかりと自分の愛犬に合わせたものを購入するようにしましょう。
6つの栄養成分に対するこだわりは、全ての製品に当てはまります。
どんな犬に適しているのか、というのは違うわけですからしっかりと比較して適合するものを選択することです。

 

★ユーカヌバについておすすめ記事はこちら⇒ユーカヌバ-原材料や評価・口コミなど徹底調査!

愛犬におすすめのドッグフードは「カナガン」

カナガンドッグフード

愛犬の健康に良いドッグフードをお探しなら「カナガンドッグフード」がおすすめです。

カナガンドッグフードは、犬の健康を第一に考えて作られています。
無添加なのはもちろん、グレインフリー(穀物不使用)で野菜やハーブなど、ナチュラルで栄養のある材料をバランスを考えて配合しているため、犬でも消化がしやすいのです。

さらにカナガンは食いつきの良さにも定評があります。
カナガンに変えてから食いつきがよくなった、ご飯タイムになるとすごく喜ぶようになった、といった口コミも多いです。
犬にとっておいしいドッグフードだということですね!

もし今ドッグフードにお悩みなら、犬にも飼い主にも嬉しい「カナガンドッグフード」を是非一度お試しください。

犬が喜ぶドッグフードはカナガン