> ドッグフードはなぜ無添加がいい?犬の健康に良いもの・悪いもの

1.愛犬におすすめ!無添加のドッグフードとは?

あなたはどんな基準でワンちゃんのドッグフード選びをしていますか?
実は、ドッグフードはものによっては最悪の場合ワンちゃんの健康を害したり、寿命を縮めたりしてしまうのです。
その理由は、添加物がたくさん含まれているからです。
添加物とは、防腐剤や合成保存料、酸化防止剤などのことを言います。
添加物は食べてすぐに目に見えて影響があるわけではありませんが、年々体内にそのダメージが蓄積され、健康を害してしまいます。
ですので、ワンちゃんが健康で長生きするためには、ドッグフードを選ぶ時にできるだけ無添加のものを探すのがいいでしょう。

 

ドッグフード 無添加

 

1-1.防腐剤なしで愛犬の健康を守る

人間用の食べ物は、法律で添加物が制限されています。
でも、ドッグフードにはそういった法律が特にないので、無法地帯となっているが現状です。
従って、人が口にするものには禁止されている危険な防腐剤も、ドッグフードには含まれていることが少なくないと言われています。
原材料に防腐剤と書かれていなくても、合成保存料、酸化防止剤などとやわらかい表現になっていることもあります。
しかし、これらはどれもドッグフードが腐らないための強力な薬品なのです。
中には、農薬よりも危険な物が入っている場合もあります。
愛犬の健康を守ってあげられるのは飼い主だけですので、ドックフード選びには慎重になってあげたいものです。

 

1-2.合成保存料もなし!安心して与えられる

ドッグフードには、危険な添加物が含まれていることも珍しくありません。
また、パッケージの原材料にそれが記されていない場合も中にはあるのです。
ですので、原材料を確認するのはもちろんのこと、作っているメーカーも信頼できるところを探すことが大切です。
とくに信頼できるとして人気なのが、吉岡油糧のドッグフード。
無添加に加えて、飼い主がフードベースと肉の種類、粒の大きさや容量を選んで注文すると、犬種や年齢などに合わせて栄養バランスを考えてフードを作ってくれます。
合成保存料が入っていないので、製造から3日以内に工場から送られ、開封後は1か月以内が賞味期限となっています。

2.添加物を使ったドックフードが悪い理由とは?

添加物は、人間にとっても良くない成分ですので、もちろんワンちゃんにとっても良くありません。
人間よりも体がはるかに小さいワンちゃんは、人間以上に添加物によるダメージが大きいのです。
さらに、子犬だった場合には、さらにダメージがひどく、発育不良を引き起こすこともあります。
従って、人間以上に注意してあげなければなりません。
それなのに、ドッグフードには人間用の加工品にも禁止されているような、強力な防腐剤や保存料が含まれていることもあるのです。
そんなものを毎日摂取していたら、健康を害することは目に見えていますよね?

 

2-1.人間はNG!危険な防腐剤を使用

ドッグフードには、添加物に関する明確な法律がありません。
そのため、上でも説明した通り、人間用の食品では禁止されているような強力な防腐剤が含まれていることも珍しくないのです。
強力な防腐剤を入れるのは、少量で効果があって安上がりだからです。
危険な防腐剤には、たとえばBHAというフェノール(石炭酸)の誘導体があります。
消毒剤に使用される化学物質で発がん性があります。
またエトキシキンという防腐剤は、強力な殺菌作用があり、あのベトナム戦争で使われた枯葉剤です。
こんな危険な薬品が大事な愛犬が食べるペットフードに入っているなんて、信じられませんよね。

 

2-2.保存料のソルビン酸カリウムが健康を及ぼす?

防腐剤もそうですが、保存料も見境なしに危険なものが使用されていることがあります。
ソルビン酸カリウムは、犬用だけでなく人用の加工品にも含まれていることが多い保存料です。
ナナカマドの木から発見された天然の成分なので、アメリカなどでは安全という認識もされています。
でも、ワンちゃんにとってはさまざまな健康を害する可能性があるのです。
ソルビン酸カリウムは、ワンちゃんの発育不良や肝臓障害を引き起こしたり、亜硝酸ナトリウムと呼ばれる発色剤と反応して発がん物質のエチニル酸を作ってしまうのです。
人が口にするものに含まれているからと言って、添加物はワンちゃんには良くないのです。

 

2-3.酸化防止剤のリスクについて

酸化防止剤は、聞こえはそれほど悪くありませんが、いわゆる防腐剤のことです。
ドッグフードには、牛やチキン、ラム肉といった肉類が含まれています。
これらの動物性たんぱく質は、時間とともに必ず腐敗します。
それなのに、肉類を含むドッグフードが腐らないのは、強力な酸化防止剤が含まれているからです。
BHAは発がん性があり、染色体異常や歩行失調、消火器出血を引き起こす可能性があると言われています。
BHTにも発がん性があり、脱毛症や異常行動、染色体異常も引き起こすと言われているのです。
ドッグフードの元価を下げて持ちを良くするために、ワンちゃんにとっては危険な酸化防止剤が使用されているのです。

3.安心できるドッグフードを選ぶポイント

ドッグフードを選ぶポイントは、どんな原材料が使用されているかが分かるということです。
人間の食べ物でもそうですが、加工品はどのようにして作られているか不透明なものは危険なイメージですよね。
ドッグフードはさらに悪質な業者が多いので、原材料まで徹底的に製造メーカーによって管理されているフードを選ぶ方がいいでしょう。
オーガニックのフードなら、原材料が育つ過程まで徹底的に管理されているので安全性が高いです。
健康的なフードでも愛犬が食べてくれないと意味がありませんので、食いつきなども重要な基準となります。
従って、お試しフードを購入して与えてみるのも手です。

 

3-1.オーガニックのドッグフードにこだわる

ドッグフードの添加物は、原材料に表記されているものばかりではありません。
たとえば、安価なドッグフードには肉骨粉が含まれていることがあります。
肉骨粉とは、安楽死させられた動物や病気で死んだ動物などを高温で熱処理して作られるものです。
安楽死の際に吸った猛毒ガスも、病原菌も熱処理ではなくなりませんので、薬品名が原材料に書かれていなくても、危険な物質を口にしてしまうことになるのです。
その点、オーガニックにこだわっているドッグフードなら、原材料がどのようにして作られているかまで、メーカーが管理してくれているので安心して与えられます。

 

3-2.やっぱり美味しさ!口コミで犬の食いつきをチェック

ワンちゃんの健康にいいフードだからといって、ワンちゃんが食べてくれないと意味がありません。
イギリスのペットフード大手メーカー、カナガンのドッグフードは、無添加で安全性の高い商品でありながら、食いつきがよく比較ランキングでもたびたび上位にランクインしています。
なんと、モニターさんの100%がカナガンのドッグフードを喜んで食べた、もしくは食べたと回答しているという驚異的なデータもあります。
公式サイトでも、缶詰やおやつしか食べない偏食のワンちゃんにこそ試してほしいとも書かれています。
フード自体が小粒なので、小型犬やシニア犬にも食べやすくなっています。
ドッグフード選びで迷ったら、口コミを参考にしてみるのも良いかもしれません。

 

3-3.価格も判断基準の一つに

無添加やナチュラルを謳っていても、明らかに安価なものは危険な場合があります。
自社で添加物を入れていないから表記していないことや、印象をよくするためだけにナチュラルと表記していることも珍しくありません。
かといって、毎日与えるものだからあまりにも高額な物はなかなか与えられませんよね。
オリジンはペットフードの国際的な賞を3年連続で受賞している、ペットフードメーカーです。
しかし、価格も一流で、体重が5kgのワンちゃんで1か月に4500円ほどかかります。
その点、カナガンのドッグフードは、高品質で初回購入ならオリジンと変わらない価格ですが、定期購入することで最大20%オフになります。