> ピュアロイヤルの安全性はどう?口コミ・評判をチェック!

ピュアロイヤルってどんなドッグフード?

ピュアロイヤル

ピュアロイヤルは、株式会社ジャンプと言うペット関連の商品製造や輸出入業を行っている会社が作っているドッグフードです。
北海道にある一般の食品工場レベルで、鮮度の高い牛肉をはじめとする畜産物・海産物と言った原材料を厳選し、保存料や添加物は極力使用せず製造されている安心・安全なペットフードです。
また、水分含有量が25~35%程度のセミモイストフードと呼ばれる半生タイプのドッグフードである点も特徴と言えます。
基本の「ピュアロイヤルチキン」「ピュアロイヤルラム」ピュアロイヤルフィッシュ」の他、野菜をプラスした「ピュアロイヤルベジタブルプラス」のトマト味・ほうれん草味と、素材を選べるフードが600g3240円で販売されています。
その他に、食の細い超小型犬用に「ピュアロイヤル超小型犬用」のチキンとラムが、400g2376円で販売されています。
ピュアロイヤルのドッグフードは、保存料や添加物を使わないセミモイストタイプのフードで保存期間が6ヶ月と短いため、600gもしくは超小型犬用400gのみの販売となっています。

 

ピュアロイヤルの原材料

ピュアロイヤル最大の特徴は、肉や魚は生の原料を使用していることです。
「ピュアロイヤルチキン」の原材料を見ていくと、栄養価も高く、体に良いのに、食品としては敬遠されがちなマグロやカツオの血合い部分や、鶏ガラ、オカラ米ぬかなどが使用されています。
他に、抗アレルギー作用や免疫賦活、腸内の腐敗菌の抑制など、整腸作用と言ったお腹の健康維持のための有胞子性乳酸菌や、クマ笹エキス、原材料だけでは補いきれない亜鉛や鉄、銅、ヨウ素を酵母ミネラルで強化して作られた、犬の体の健康に良いフードです。

 

チキン・ラム・フィッシュから素材を選べる

愛犬の好みに合わせた素材を選ぶことができる点も、ピュアロイヤルの特徴です。
まず、ササミや鶏肉、鮭やチーズなど厳選した生の素材が主原料として使用された「ピュアロイヤルチキン」を見てみましょう。
消臭・整腸のためのオリゴ糖、歯や骨を丈夫にする天然カルシウム、消化吸収を助けてくれる乳酸カルシウムや食物繊維、酸化を防いでくれるビタミンEに毛づやを守ってくれるリノール酸を配合した栄養バランスに優れたドッグフードです。
また、ラム肉を主原料に、アレルゲンの原因となる牛肉や豚肉、小麦や大豆由来原料を使用していない低アレルゲンのセミモイストフード「ピュアロイヤルラム」も販売されています。
さらに、アレルギーの危険性が低いと言われている、魚やじゃがいも、タピオカを主原料とし、畜肉や家禽類を一切使用していない「ピュアロイヤルフィッシュ」もあるため、3種類から犬に合わせたフードを選ぶことができます。

 

小型犬用のドッグフードもあり

ピュアロイヤルには、600gサイズの他に、食の細い小型犬のために、通常のフードの半分の粒の大きさで400gサイズのピュアロイヤル超小型犬用フードもあります。
超小型犬用ピュアロイヤルは、全体の栄養バランスを考え、人参、ほうれん草が入っています。
他にも、皮膚の健康のための魚油(スケソ精製油)、αリノレン酸が豊富なシソ油、関節保護のためのグルコサミン・コンドロイチン、天然の抗菌作用のある卵白リゾチームやビール酵母を添加し、酸化防止にはローズマリーが入っており、通常のピュアロイヤルよりもカロリーが高いので、少ない量でしっかり1日に必要なカロリーを摂取できるのです。
小型犬用は、「ピュアロイヤルチキン」と「ピュアロイヤルラム」の2種類から選ぶことが出来ます。

 

健康管理用やライフステージ別のフードも充実

ピュアロイヤルフードには、チキン・ラム・フィッシュの他、野菜成分を配合させた「ピュアロイヤルベジタブルプラス」のトマト味とほうれん草味があります。
また、ライフステージ別のフードを選べる「ドゥロイヤル」、消化器官への負担を考慮し作られた「ペットドゥ」と、犬1匹1匹に合わせたフードを選ぶことが出来ます。
ライフステージ別に選べるドゥロイヤルは、鮮度の高い牛肉を厳選し、生の肉を使用して作られたドゥロイヤルオリジナルがメインの商品です。
また、噛む力の弱くなる高齢犬に合わせ、他のドゥロイヤルシリーズより軟らかく、関節の衰えにグルコサミン・コンドロイチンを配合した「ドゥロイヤルシニア」、肥満傾向にある犬のために通常のドゥロイヤルよりも繊維質を強化し、脂肪の分解を助けると言われているギャバとL-カルニチンを配合した「ドゥロイヤルライト」の3種類が展開されています。
消化器官への負担を考慮して作られた「ペットドゥ」は、タンパク質、炭水化物、セルロース等を分解する能力を持ったバチルスZ菌と言う複合菌を使用し、油脂の酸化と消化器官への負担を軽減するため醗酵製法と言うテクノロジーで作られたドッグフードです。
幼犬用の「ペットドゥパピー」、成犬期の「ペットドゥメンテナンス」、シニア犬用の「ペットドゥシニア」と、ペットドゥメンテナンスの粗脂肪12%から7%に抑えた低脂肪タイプの「ペットドゥライト」と、年齢やタイプに合わせて選ぶことができます。

 

ピュアロイヤルに危険な成分は含まれてる?

ピュアロイヤルには危険な成分が含まれているのか、「ピュアロイヤルチキン」を例に見ていきたいと思います。
ピュアロイヤルは合成保存料、着色料、発色剤を一切使用しておらず、生の肉を使用することで、栄養素はもちろん、風味も損なうことなく仕上げているフードです。
そのため、賞味期限は6ヶ月と短く、保存はききません。
酸化防止剤や添加物も極力使用することを避け、酸化を防止する効果のあるビタミンCやビタミンEを使用しています。
また、一般食品レベルの工場で、生の原料を使用して作られているフードなので、とても安心のフードと言えます。

 

ピュアロイヤルの購入方法について

最安値で購入する方法は?

合成保存料、着色料や酸化防止剤と言った危険な成分は使用せず、生の原料にこだわった安心・安全なフードピュアロイヤルですが、600gで3240円と決して安くはない価格ですよね。
そんなピュアロイヤルを最も安く買える方法を調べてみました。
ピュアロイヤルを最安値で購入するには、Yahooショッピングでの購入が1,225円と最安値でした。
次いで楽天市場、アマゾンでの購入が、株式会社ジャンプで購入するよりも安く手に入るようです。
ただし、Yahooショッピングでは、訳あり品や、賞味期限が迫っているものが安く売られている場合があるため、購入の際には、しっかり確認することが大事です。

 

サンプル(試供品)が買えるって本当?

「ピュアロイヤルは気になるけれど、いきなり購入して、もし愛犬が食べてくれなかったら…」と心配ではありませんか?
まずは、少量を試してみたいと言う方もいらっしゃると思います。
そんな方には、ピュアロイヤルのサンプル品を購入することが出来るんです。
「ペットフードストリート」や、「ユージ―ドットコム」などペットフードのネット通販専門店で、ピュアロイヤルのチキン・ラム・フィッシュの他、ベジタブルプラスのトマト、ほうれん草の無料サンプルを手に入れることが出来ます。
ただし、サンプル品自体は無料であっても、送料がかかるので、注意が必要です。

 

ピュアロイヤル愛用飼い主さんの口コミ・評判

愛犬の食事・おやつに(ピュアロイヤルチキン)

何か良いドッグフードがないか探していた時に、店頭でサンプルをいただきました。
保存料・着色料・発色剤などを使用していないし、製造方法もこだわりを感じ、少しの量でも栄養をしっかりとれるとのことで、食の細い愛犬にピッタリでした。
柔らかさ、食べやすさを見ていると、ピュアロイヤルの中でも「チキン」がおススメです。
匂いもあるので、しつけの際のおやつ代わりにもなり、大変役立っています。
ちょっと値段がはりますが、良いフードだと思います。

 

なくなったら困りますピュアロイヤルチキン

我が家の愛犬は、好き嫌いが多く、これまでありとあらゆるフードを試しました。
半生であることが第一条件だったのですが、開封し、臭いで拒否なんてことも日常茶飯事で、1週間も食べてくれず、こちらが根負けしてしまう程でした。
そんな時、ピュアロイヤルチキンと出会い、購入してみました。
ピュアロイヤルは、開封すると走ってきてかぶりついてくれたのです。
以来フード拒否もなくなり、うちの子はピュアロイヤルがないと生きていけません。
友人の愛犬もエサを食べないと悩んでいたので、これを薦めたところ、これまで食べなかったのが嘘のように食べたと喜ばれました。

 

ピュアロイヤル超小型犬用チキン愛用中

我が家は1歳3ヶ月になるチワワを飼っています。
生後2ヶ月から我が家にいるのですが、ペットショップにいた頃から、ご飯への食いつきが悪く、悩んでいました。
これまで、様々なドライフードを試してきましたが、全然食べてくれませんでした。
トリミング先で、たまたまピュアロイヤルのサンプルをいただき、与えてみたところ、今までが考えられないような食いつき様でした。
それ以降、飽きることもなく、ピュアロイヤルだとしっかりと食べてくれます。
ワンちゃんの食いつきが悪くてお困りの方がおられたら、一度ピュアロイヤルをお試しされることをおススメします。