> シニア犬用のドッグフードー選ぶポイントは?おすすめは?

シニア犬って何歳から?

ドッグフード シニア

人間に新生児期から老年期があるように犬にも幼犬から高齢犬までのライフステージがあり、高齢犬になるとシニア犬と呼ばれるようになります。
犬の成長は人間のスピードよりも早いのですが、小型犬、中型犬、大型犬で成長スピードが異なります。
小型犬と中型犬は、11歳(人間で60歳)ほどでシニア犬になり、大型犬は8歳(人間で60歳)を過ぎればシニア犬になります。
シニア犬になると足腰が弱り、トイレのトラブルも増え、毛も薄くなるなど人間が年を取るように身体が変化していきます。
そのため、体の変化に合わせたドッグ―フードを与え、健康を維持していかなくてはなりません。

 

シニア犬用のドッグフードって何が違うの?

シニア犬になると、体の衰えや病気の事を考えたフード選びが必要になりますが、シニア犬用のドッグフードは一般的なフードと何が違うのでしょうか?
一番の違いは、他のフードに比べてカロリーが低い点です。
シニア犬になると、基礎代謝が落ちるだけでなく足腰が弱り運動量が必然的に減るので、必要カロリーは少なくなります。
もし、高カロリーのフードを食べ続けていると、肥満症のリスクが大きくなるのです。
また、内臓疾患の予防のために塩分などの添加物やリンを抑えた栄養配分になっているほか、関節を強く保つためにグルコサミンやコンドロイチンを配合しているフードも販売されています。

 

シニア犬用のドッグフードを選ぶポイント

高タンパク質・低炭水化物・低脂肪であること

シニア犬用のドッグフードを選ぶ時のポイントは、高タンパク質・低炭水化物・低脂肪であることが重要です。
まず、タンパク質は肉食動物の身体の維持には必要不可欠な栄養素であり、それはシニア犬も同様であります。
パッケージに記載されている原材料表記は、使用料が多い順に記載されているので、原材料表記の最初の2つが肉類であるとタンパク質が多く含まれている証拠になります。
逆に炭水化物が多く入っていると、犬の消化吸収を阻害してしまいます。
腸などの内臓機能が衰えるシニア犬には、炭水化物の含有量が少ないフードであることが必要です。
また、カロリー消費が衰えるシニア犬がカロリー過多にならないように低脂肪のフードを選びましょう。

 

グレインフリーであること

グルテンフリーとは、穀物を使用していないことです。
穀物は、もともと肉食動物である犬には必要ないものですが、フードの量を増やすためにメーカーが入れている場合があります。
犬の消化器官は穀物を消化する力が弱いため、穀物の入ったドッグフードを食べると腸に負担がかかり、アレルギーを引き起こす原因になるのです。
シニア犬になると、腸の働きが弱くなりその反応が顕著に表れるため、フードには消化吸収に優しいグルテンフリーを選ぶことをおすすめします。
なお、米類はアレルギーを起こしにくいため、使用されたフードを与えてもOKです。

 

危険な原材料や添加物が使われていないこと

ドッグフードは食品ではなく、雑貨に分類されていることをご存知でしたか?
そのため、原材料や添加物などの安全基準が厳格に定められておらず、フードによっては「○○ミート」や「動物性油脂」など何かわからない原材料が使われていることがあります。
そういった原材料には、病気になった動物やその死骸が使用されている可能性があるので、ドッグフードの原材料はきちんとチェックしたいものです。
また、保存料や酸化防止剤のBHA・BHT・エトキシキンなどの添加物も使用されていることがあります。
BHA・BHT・エトキシキンは、合計で150ppm以下の使用が許可されていますが、ドッグフードとなると大幅に基準を超える量を使用していることもあるので注意が必要です。
そのため、できるだけ原材料は新鮮な肉を使用し、無添加のフードを選んであげることが大切です。

 

グルコサミンやコンドロイチンが配合されていること

人間も年を取るにつれ、関節がスムーズに動かなくなりますが、これは犬も同様です。
関節にある軟骨は、加齢によりすり減ってしまい動きが鈍くなってしまうのです。
そのため、関節をサポートするグルコサミンやコンドロイチンが配合されているフードがシニア犬にはおすすめです。
グルコサミンは、軟骨を生成・修復する働きがあり、コンドロイチンは軟骨の水分をキープしてクッション性を高めてくれます。
犬は本来野生の動物であり、年をとっても運動をさせることは忘れてはなりません。
食欲を満たすだけでなく、このように機能性があるフードを与えることが、シニア犬の健康を維持するために大切なことなのです。

 

シニア犬におすすめ!ドッグフードランキング

粗タンパク質38%以上!オリジン

「オリジン(1袋・1,269円~22,680円 量により値段が変更)」は、新鮮な肉とフルーツ・野菜で作られた、生物学的に適正なドッグフードです。
必要な粗タンパク質を38%以上含んでおり、良質な肉を使用しているために油分の添加が必要ないので脂質も少なく、有害な添加物は無添加です。
また、含まれる穀物は0%とグルテンフリーで、腸が弱っているシニア犬でも負担なく食べられます。
さらに、原材料は全て人間が口にすることができるヒューマングレードであることをカナダ政府が認定しており、安全性においても申し分ないフードです。

 

グレインフリーで無添加!カナガン

トウモロコシや小麦粉などの穀物は、肉食動物である犬にとって本来不必要な存在です。
肉食であるため、肉を消化することには長けていますが、穀物を消化する機能は非常に弱く、たとえアレルギーがなくても継続して食べていると腸がダメージを受けてしまいます。
「カナガン(1袋・2㎏・3,960円)」は、チキンの生・乾燥肉を中心にサツマイモや海藻、ハーブを配合して、全犬種、全ライフステージの犬が食べることができます。
もちろん、犬に不必要な穀物は一切不使用のグルテンフリーで、消化しやすいフードです。
また、危険な合成添加物は無添加で、より自然に近い形で犬の食事を実現しています。

 

ダイエット用におすすめ!ホリスティックブレンド

エネルギー消費が成犬に比べて落ちてしまうシニア犬は、どうしても肥満症になってしまう傾向があります。
「ちょっと太って来たかな?」「ダイエットが必要になった」そんな時は、「ホリティクスブレンド(1袋・1.36㎏・3,024円)」がおすすめです。
タラ、シタビラメ、ヒラメ、ワイルドサーモンなどの魚類を主タンパク源にした「マリン5フィッシュブレンド」や、七面鳥やサーモンを使った「ターキー&サーモン」、放し飼いの食用鳥肉を使用した「チキン・ライス&ベジタブル」の全3種類あり、すべてグルテンフリー、添加物無添加です。
良質な肉や魚を使用しているため、脂質か少なくダイエットに向いているフードです。

 

シニア犬へのドッグフードの与え方

シニア犬になると、若いころと比べて太りやすくなり、噛む力が衰えて胃腸の消化力が弱まります。
そのため、肥満防止のために体重に合った量を与えて、適正体重をキープしていかなくてはなりません。
また、フードを水やぬるま湯で柔らかくしたり、噛みやすい小粒のフードに切り替えることも大切です。
食欲が落ちているようなら、電子レンジやドライヤーで人肌程度温めてあげると匂いが強くなり食いつきがよくなります。
ドライタイプを食べさせているなら、ウェットタイプにするなど食感を変えてみるのもおすすめです。
その他には、1回の食事量を減らし、回数を増やすなどの工夫も必要でしょう。
食事の回数は1日2回が基本ですが、食べる力の衰えたシニア犬の場合は、少量を1日3回~4回に分けて与えても良いかもしれません。