UMAKA

MENU
> UMAKAの初回お試し品を買った私の感想-食いつきや体調に変化はあった?

UMAKA

「UMAKAがどんなドッグフードか詳しく知りたい。」
「実際に試した飼い主さんの評価はどう?」

 

このような疑問をお持ちではありませんか?

 

当ページでは、UMAKAの初回お試し品を購入した私が、原材料や成分、価格など基本情報を詳しく解説します。
また、うちの愛犬に食べさせた感想、お得に購入する方法、切り替える時のポイントもご紹介します。

 

UMAKAを試そうかどうかお悩みの方に役立てていただける情報なので、ぜひチェックしてみてください!
あなたのワンちゃんにピッタリなドッグフードを見つけるために、この記事がお役に立つことを願っております。

 

ドッグフード「UMAKA」の特徴とは?

UMAKAは九州の料亭を経営するトリゼンフーズ株式会社が作ったドッグフードで、全犬種全年齢対応です。
内容量は1.5kgで通常価格4,980円と、価格はやや高めだと言えるかもしれません。

 

まずはUMAKAがどんなドッグフードなのか解説していきます。

 

九州産華味鳥をぜいたくに使用!

トリゼンフーズは銘柄鶏「九州産華味鳥」の飼育からから調理までを一貫して行う会社で、UMAKAには九州産華味鳥が100%使用されています。

 

九州産華味鳥は自然の中で飼育されており、海草やハーブ、大豆かすなどを長期発酵させて作った独自のエサを与えられて成長した鳥です。
UMAKAには、料亭で使用されている人間用と同じ高品質な鶏肉がぜいたくに使われています。

 

鶏肉は嗜好性が高いため、「鶏肉メインのドッグフードは食いつきが良い」という飼い主さんの声が多いですし、高タンパク・低脂質な点もメリットです。
本来肉食である犬の健康維持には良質な動物性タンパク質が欠かせませんし、低脂質な鶏肉は肥満気味のワンちゃんや運動量の減ったシニア犬にもおすすめできます。

 

厳しい基準を満たした工場で製造

UMAKAを製造する工場は、次の基準を満たしています。

 

  • GMP認証(原料の受け入れから最終的な製品の出荷までの工程が適切)
  • ISO認証(食品の生産、加工、流通の段階を通じて食品の移動を把握できる)
  • HACCP認証(食品の衛生管理が適切)

 

原材料の品質管理や衛生管理、加工、流通の面で厳しい基準を満たした工場で製造されているため、安心して愛犬に食べさせられます。

 

UMAKAをうちの子に食べさせてみました!

うちでは8歳のトイプードルを飼っているのですが、好き嫌いが激しくドッグフードを食べないことがよくありました。
犬好きの友人に相談すると「うちの子はUMAKAに変えてよく食べるようになった」と教えてもらったので試してみることに。

 

UMAKAは値段が高いドッグフードですが、定期購入なら初回は1980円で購入できますし、1回だけで解約可能なので注文してみました。

 

商品が届いて開封してみると、粒は小さくかつおぶしの香りがして、人間でも「良い匂いだな」と思うほどです。
さすが料亭を出している会社が作るドッグフードだと感じました。

 

予想以上に食いつきがいい

いきなりドッグフードを切り替えると、食べなかったり下痢になることがあるので、まずは普段のドッグフードにUMAKAを混ぜて出してみました。
すると、かなり食いつきがよく、ペロリと完食したので嬉しかったです。

 

1ヶ月くらい続けましたが残すことはなかったですし、体調も良さそうでした。
ウンチも健康的で嘔吐などの症状もなく、元気に動き回っています。

 

小型犬やシニア犬におすすめできそう

実際に試して分かったのですが、UMAKAは小型犬やシニア犬におすすめのドッグフードだと思います。

 

原材料や成分については後ほど詳しく説明しますが、UMAKAには関節をサポートする成分がプラスされているので、関節に負担がかかりやすい小型犬におすすめです。
また、UMAKAは高タンパク低脂質なので、運動量や代謝の落ちたシニア犬に良いのではないでしょうか。

 

UMAKAの原材料と成分を分析!

続いては、UMAKAの原材料と成分をチェックします。
原材料の安全性や栄養バランスを確認してみましょう。

 

UMAKAの全原材料

鶏肉、大麦、玄米、鰹節、ビール酵母、米ぬか、鳥レバー、全卵粉末、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、昆布、ひじき、かぼちゃ、グルコサミン、コンドロイチン、しょうが、マリーゴールド、ミネラル類(牛骨カルシウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12)、ビフィズス菌

 

UMAKAの成分

エネルギー:345kcal/100g、蛋白質:24.5%以上、脂質:11.5%以上、粗繊維:1%以下、灰分:7%以下、水分:10%以下

 

アレルギーの心配はあまりなさそう

原材料を見たところ、UMAKAを食べても愛犬がアレルギーを起こす心配は低いでしょう。
というのも、UMAKAにはアレルギーの原因となる香料・着色料・保存料などの人工添加物が使われていないからです。
大麦・玄米・米ぬかといった穀物は使われていますが、いずれもアレルギーを引き起こす可能性の低い食材なので、あまり心配する必要はありません。

 

大麦や玄米はミネラルが豊富ですし、食物繊維を多く含むため腸内環境を整える作用を持ちます。
また、米ぬかはビタミン・ミネラルが豊富なうえに抗酸化作用を持つため、毛艶をアップさせると言われます。
一般的に犬が穀物を食べるとアレルギーや消化不良を起こしやすいとされますが、UMAKAにはアレルギーのリスクが低く、犬の健康維持に役立つ穀物があえて使用されているのです。

 

ただし、鶏肉や穀物でアレルギーを起こしたことのあるワンちゃんに与える場合は、注意しましょう。

 

関節ケア・腸内ケアには最適

先ほどの説明と重複する部分はありますが、UMAKAには次の成分が含まれているため、
愛犬の関節ケアや腸内ケアに最適なドッグフードです。

 

グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンは関節炎の予防に有効ですし、コンドロイチンは軟骨の水分を一定に保つ役割を持ちます。
両方を一緒に摂取するとより効果的なので、UMAKAは愛犬の関節ケアにピッタリです。

 

ビフィズス菌とオリゴ糖

ビフィズス菌やオリゴ糖は善玉菌を増やして腸内環境を整えるため、便秘を改善してウンチの状態を安定させる効果が期待できます。
また、ウンチの臭いの改善にも効果的です。

 

高タンパク・低脂肪の理想的な栄養バランス

UMAKAにはヒューマングレード(人間が食べられる品質)の鶏肉が使用されており、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準(子犬22.5%・成犬18%以上)を超えるタンパク質が含まれています。
また、脂質もAAFCOの基準(子犬8.5%・成犬5.5%以上)を超えています。

 

繰り返しになりますが、肉食の犬にとって動物性タンパク質は欠かせない栄養素です。
また、低脂肪なので愛犬の体重調整にも良いでしょう。

 

このように、UMAKAは理想的な栄養バランスの高品質なドッグフードであると言えます。

 

UMAKAを購入するなら公式サイトから!

ここからは、UMAKAの購入方法について見ていきましょう。
現在のところ、UMAKAはAmazonや楽天では販売されておらず、公式サイトでしか購入できません。(ペットショップなどでも市販されていません。)

 

公式サイトでは定期購入による割引があるため、通常価格(4,980円)よりお得に購入できます。

 

定期購入のメリット
  • 初回購入は1,980円(送料無料)
  • 2回目以降は通常価格から10%OFFの4,482円
  • 2個以上定期購入すると2回目以降は通常価格から20%OFF
  • 1度に3個以上定期購入すると2回目以降も送料無料
  • 1回だけの購入でも解約や配送の休止が可能

 

UMAKAに切り替える時のポイントについて

では最後に、今与えているドッグフードから上手にUMAKAに切り替えるポイントについて説明したいと思います。

 

給与量の目安をチェックしよう

UMAKAを愛犬に食べさせる時は、まず推奨されている給与量の目安をチェックしましょう。
体重や年齢によって給与量が違うので、以下の表を基準に量を調整して与えてください。

 

体重 ~生後4ヶ月の給与量 生後4~9ヶ月の給与量
1~3kg 61~139g 51~116g
4~6kg 172~234g 144~195g
7~9kg 262~317g 219~264g
10~12kg 343~393g 286~328g
13~15kg 417~465g 348~387g

 

体重 生後9~12ヶ月の給与量 成犬の給与量
1~3kg 41~93g 28~86g
4~6kg 115~156g 78~145g
7~9kg 175~211g 119~196g
10~12kg 229~262g 155~243g
13~15kg 278~310g 189~288g

 

給与量の他には、保存方法にも注意が必要です。
UMAKAは人工保存料や酸化防止剤が無添加なので、開封するとすぐに酸化が進んでしまいます。
開封した後は空気に触れないように袋上部のジップをしっかり閉めて密封し、高温多湿を避け冷暗所で保管しましょう。

 

なお、UMAKAの賞味期限は未開封で1年間、開封後は1ヶ月です。
開封後は1ヶ月以内に食べ切りましょう。

 

徐々に慣れさせていくのがおすすめ

急にドッグフードを切り替えると、食いつきが悪くなったり、下痢になったり嘔吐したりと体調が悪くなってしまうワンちゃんも多いです。

 

そのため、上手にドッグフードを切り替えるためには、前のドッグフードにUMAKAを混ぜて食べさせましょう。
少しずつUMAKAの分量を増やしていき、1週間くらいかけて慣れさせる方法がおすすめです。

 

UMAKAへ切り替える途中で便の調子や体調が悪くなるようなら、もう少し切り替え時間をゆっくりとってみてください。

 

まとめ

UMAKAはヒューマングレードの九州産華味鳥がぜいたくに使用されたドッグフードです。
大麦・玄米・米ぬかといった穀類が使用されていますが、いずれもアレルギーのリスクは低く栄養分の高い食材なので、アレルギーや消化不良を起こす可能性は低いでしょう。
(鶏肉・穀物アレルギーのワンちゃんは注意が必要です。)

 

また、愛犬の健康を害する恐れがある人工添加物は使用されていませんし、厳しい管理のもとに製造されているため安心です。

 

上記した原料のほかにはグルコサミンやコンドロイチン、ビフィズス菌やオリゴ糖も配合されているので、関節のサポート効果や腸内環境を整える効果も期待できます。

 

もし「UMAKAを試してみたい」と思われた方は、公式サイトの定期購入を利用しましょう。
定期購入なら値段が安くなりますし、初回なら1,980円とかなりお得な価格で購入できます。
1回だけの購入でも解約・休止が可能ですから、まず定期購入で試して食いつきが良ければ継続すると良いでしょう。

愛犬におすすめのドッグフードは「モグワン」

モグワンドッグフード

愛犬の健康に良いドッグフードをお探しなら「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンドッグフードは、犬の健康と食いつきを考えて作られています。
人工添加物不使用なのはもちろん、グレインフリー(穀物不使用)で、ヒューマングレード(人が食べても大丈夫な品質)の材料を使って作られているため、ドッグフードによって犬の健康を害する心配はありません。

さらに、食いつきの良さにも飼い主さん達から定評があります。
モグワンに変えてから食いつきがよくなった、ご飯タイムになるとすごく喜ぶようになった、といった口コミも多いです。
犬にとっておいしいドッグフードだということですね!

もし今ドッグフードにお悩みなら、犬にも飼い主にも嬉しい「モグワンドッグフード」を是非一度お試しください。
ドッグフード研究所限定!モグワンドッグフード通常3960円が今なら1半額で購入できます
モグワンを販売する株式会社レティシアン様から当サイトのお客様限定で、初回半額(1980円)にてモグワンをご購入できる特典をいただいております! モグワンのお試しなら、以下のボタンからのご購入がどこよりもお得です☆

モグワンについて詳しく見る

モグワン公式サイトはこちら