> 愛犬元気は6kg入りがお得!安く購入する方法とは

1.愛犬元気の特徴を徹底解説!

愛犬元気

ドッグフードといっても色々なメーカーから販売され、どれがいいのかと迷ってしまいますよね。
多くあるドッグフードの中でも、大抵のドラッグストアやホームセンターに置いてある商品の一つが愛犬元気です。
どこにでも置いてある商品だと、それだけで人気があるのかと気になっている人も多いと思います。
愛犬元気にはささみやビーフ、緑黄色野菜や小魚、チーズ入りと栄養バランスの良い商品、食欲をそそる角切りビーフ粒入の商品も販売されています。
今まで愛犬元気が気になっていたけど購入ができなかった人などはぜひ確認してみてください。

 

1-1.年齢・大きさ・犬種に応じた豊富な商品構成

愛犬元気の特徴の一つが種類の豊富さです。
年齢だけでも、全成長段階用、子犬用、成犬用、5歳以上用(大型犬)、7歳以上用、10歳以上用、13歳以上用があります。
ワンちゃんの特徴で商品を選ぶこともでき、小型犬用、大型犬用、肥満が気になる愛犬用、柴犬用が用意されています。
このように、年齢だけでなく肥満が気になる愛犬用も用意されていますし、芝犬用と犬種に最適な商品などもあります。
愛犬元気の人気の理由として、このバリエーションの豊富さもあると考えられます。
ライフステージごとの商品が用意されているため、年齢に合った商品選びを考えている人には、試す価値のあるドッグフードです。

 

1-2.ドライ・パウチ・缶詰の3タイプから選べる

愛犬元気はドライタイプだけでなく、パウチタイプや缶詰の3種類から選ぶことができます。
パウチタイプや缶詰はウェットタイプなので、食べやすいのが特徴です。
パウチタイプなら、持ち運びにも便利で、後始末も簡単なので外出先での食事にも最適です。
缶詰はペースト状なので老犬でも食べやすいと好評の商品です。
年齢を重ねればドライタイプだと食べにくいワンちゃんもいるようです。
食欲が落ちたと感じた時には、ドライタイプから、パウチや缶詰のウェットタイプに替えるというのも一つの方法です。

 

1-3.7歳以上用は低塩分設計でヘルシー

最近では塩分の摂り過ぎに気をつけているという人は多くいますが、犬も同じように気を配る必要があります。
塩分の取り過ぎによって食欲不振を起こしたり、倦怠感、筋肉痛、ひどくなると神経障害を引き起こすこともあります。
特に高齢犬となると注意が必要です。
人間でも、年齢を重ねると塩分の取り過ぎによって高血圧などの病気が気になり始めます。
これは犬も同じなのですが、愛犬元気の7歳以上用は低塩分設計となっています。
愛犬元気は年齢用に細かく別けられているので、上手く利用してヘルシーな食事を与えることができます。

2.愛犬元気の原材料について

愛犬元気はどこにでも売られている商品で購入しやすく、多くの種類があり、とても良いドッグフードという印象をお持ちではないでしょうか。
しかし、ドッグフード選びでは原材料についてもしっかりと確認する必要があります。
特に安い商品には注意が必要で、BHA、BHT、エトキシキンといった危険な添加物が配合されている場合もあります。
従って、添加物など気にせず、価格や評判だけで購入すると危険なドッグフードを愛犬に食べさせることになりかねません。
ここからは、愛犬元気の原材料についてもしっかりと解説していきます。

 

2-1.原材料は安全?

危険な成分が含まれたドッグフードも販売されているとなると、愛犬元気はどうなのかと気になりますよね。
愛犬元気の原材料を見ると、危険と言われているような添加物は含まれていないので安心してください。
しかし、気になる原材料があります。
それがトウモロコシや小麦、チキンミールです。
トウモロコシや小麦はアレルギーの原因となる穀物です。
またチキンミールは、鶏の羽や足、内臓など何が含まれているかわからない原材料であまり好ましくないものと言われています。
安全なチキンミールもあるのですが、確認できないものはできるだけ避けたいものですよね。
こういった原材料が含まれているため、「愛犬元気は安全です」とは言い切れないのが事実です。

 

2-2.愛犬元気の栄養成分は?

「愛犬元気 ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り」の栄養成分を見ると、たんぱく質が23.0%以上、脂質は10.0%以上、粗繊維では4.5%以下、粗灰分は8.5%以下、水分では10.0%以下となっています。
この栄養成分表だけを見ても、いい商品なのかよくわからないですよね。
一般的に、たんぱく質が25%以上だと良いドッグフードと言われますから、愛犬元気はたんぱく質がやや少ない印象です。
また、食物繊維は4%以下が妥当なのですが、4.5%以下となっていて少し多いですね。
それ以外の栄養成分は妥当な割合となっていて、ベストバランスとはいえませんが、比較的栄養バランスはとれているドッグフードだと言えるでしょう。

3.愛犬元気の愛犬家の口コミと評判

愛犬元気の口コミが気になるところですが、「よく食べてくれる」、「値段が手ごろで、袋が小分けされているのも便利」、「すごく喜んで食べてくれる」、「国産で安心」など良い評価をしている人が多くいます。
特に価格が安いというのは評判となっているようです。
しかし、原材料が気になり購入をしないという悪い評価をしている人もいます。
よく食べてくれ、価格が安いとなると飼い主さんにとっては魅力的なのですが、愛犬の健康も気になるところですよね。
特にトウモロコシや小麦などにアレルギーのあるワンちゃんの場合、注意が必要です。

4.愛犬元気の総合評価

愛犬元気は、年齢別に商品が用意されていたり、ドライタイプだけでなく、パウチや缶詰など豊富な商品構成、高年齢犬にはヘルシー設計となっていて、多くの飼い主さんを対象としているドッグフードです。
そのため、飼い主さんにとっては愛犬用に商品選びがしやすいのですが、気になるのが原材料です。
危険な添加物は含まれていないにしても、アレルギーを引き起こす可能性のある穀物が含まれているため、今症状がなくても、食べさせたことでアレルギー症状が出るのではないかと心配になってしまいます。
そのため、愛犬のアレルギーの症状が気になる飼い主さんは、購入を控えた方が良いかもしれません。

 

4-1.コスパは悪くない?

愛犬元気はコスパがいいことで人気となっているドッグフードです。
また、購入方法によってはさらに安く購入ができます。
ホームセンターやドラッグストアでは定価よりも安く販売されていますが、楽天市場やAmazonといった大手通販サイトで注文すればさらに安く購入できる場合もあります。
ネット通販なら自宅まで運んでくれるので楽に購入できます。
安い商品で、愛犬が喜んで食べてくれるのなら、飼い主さんにとっては文句のない商品とも考えられ、コスパ重視の人には魅力的なドッグフードです。
安すぎると何を使っているのかと気になる人も多くいますが、自分の経済状況を考慮しながら商品選びをすることが大切です。

 

4-2.安心できるドッグフード?

愛犬元気には危険な添加物は含まれてはいませんが、着色料や酸化防止剤など添加物が多く含まれている他、チキンミールが使われているのも気になります。
確かにコスパがよく人気のドッグフードではあるのですが、安全性重視で選ぶという飼い主さんにはおすすめし辛い面もあります。
添加物不使用で、アレルギーの原因となる穀物も含まれていないドッグフードも多くあります。
多少は値段が高くなりますが、安全性が気になる人はそのようなドッグフードを購入することが大切です。

 

4-3.6kg入りがお得!

コスパの良い愛犬元気の中でも、6kg入りのが最もお得です。
1日当たりのコストが50円前後と、コスパ重視の飼い主さんにとっては最適です。
品質を保つための酸化防止剤が含まれている商品を購入しないという飼い主さんも多いのですが、添加物によってドッグフードを長持ちさせることができます。
6kg入りの商品を購入する際は、賞味期限が気になるところですが、酸化防止剤が配合されているの愛犬元気なら最後まで安心して与えることができそうです。
添加物だからと言って全てが危険というわけでもなく、経済的負担が大きな飼い主さんにとっては、愛犬元気は強い味方となってくれる商品です。