> アレルギー対策に最適なドッグフードまとめ

ドッグフードを変えると愛犬のアレルギーが改善できる?

ドッグフード アレルギー

細菌やウイルス等の異物が体内に侵入すると、体を守るために免疫反応が起こりますが、これが過敏になるとアレルギーを起こしてしまいます。
そして、犬のアレルギーの原因は細菌やウイルスだけでなく、いつも食べているドッグフードに含まれる物質(アレルゲン)である可能性もあります。
アレルゲンの代表として挙げられるのは、小麦などの穀物、保存料・着色料などの添加物です。
これらをフードから体内に取り込むことによって、アレルギーを発症している可能性があるのです。
そのため、これらのアレルゲンが含まれていないフードを与えると改善できることがあります。

 

どんな症状が出たらアレルギーを疑うべき?

犬のアレルギー症状は、皮膚の炎症や目の充血、涙やけ、腸をはじめとする消化器官の異常など様々あります。
これらの症状が出たら、アレルギーを疑うべきです。
普段与えているドッグフードの表示を確認し、アレルゲン物質を確認し、それらが入っていないフードを与えるようにしてください。
アレルゲンがどれかわからない場合は、自分で判断せずに動物病院に行って獣医に相談し、一体どの物質がアレルギーを起こしているか血液検査を行い、確実な原因を把握してから食事療法などを行っていくことが、愛犬のアレルギーを改善する一番いい方法と言えるでしょう。

 

アレルギー用のドッグフードを選ぶポイント

グレインフリーであること

犬の消化器官は人間よりも短く、唾液からは穀物を消化する消化酵素が分泌されないため、穀物を食べることにより消化不良を起こし、腸に負担がかかるために穀物でアレルギーが起こりやすいのです。
アレルギーを起こさないためのドッグフード選びには、グルテンフリー(特に小麦粉、トウモロコシなどの穀物不使用)であることがポイントです。
グルテンフリーだと、消化器官にダメージを与えずに消化することができるため、アレルギー反応を起こしにくくするのです。
アレルギーがなくても、穀物は犬にとって不要な原材料なので、なるべくグルテンフリーのフードを与えることをおすすめします。

 

添加物が使用されていないこと

小麦やトウモロコシなどの穀物が一番のアレルギーの原因ですが、添加物もアレルギーの原因になります。
フードに添加されている添加物には、酸化防止剤(BHAやBHTなど)・着色料などがあります。
市販の安価なドッグフードにはこういった添加物が入っていることが多いので、安いからといって与え続けるとアレルギーを引き起こす原因にもなるのです。
特に、BHAやBHTは発がん性がある点が指摘されている物質なので、避けた方が良いでしょう。
そのため、ドッグフードは添加物がない無添加の自然の形に近い製品を選んでください。
特に、ヒューマングレード認定(人間でも食べられるレベル)のフードを与えることによって、自然治癒力が増し、アレルギー症状の改善に大きく役立ってくれます。

 

肉の種類も重要なポイント

犬は元来肉食動物ですが、メインで使用されている肉類がアレルギーの原因になることもあります。
ドッグフードでよく使用される肉類は鶏肉や牛肉ですが、これらにアレルギーを持っている犬には、ラム肉メインのフードに変えるなど工夫が必要です。
特に、商品名に「ラム&ライス」とついているドッグフードは、動物性タンパク質のラム肉と、低アレルギー性のライスを使用しており、獣医師からアレルギー犬にはよく進められるフードです。
ただし、肉類でも質の悪いものを使用していると体が弱くなっていきますので、必ず新鮮な肉を使用していることもアレルギー改善には大切な要素です。

 

魚がメインのドッグフードもおすすめ

肉の種類を変えてもアレルギー症状が治まらない場合は、肉類自体でアレルギーを起こしている可能性があります。
その場合には、魚系メインのフードに変えてみてください。
魚には、不飽和脂肪酸のオメガ3必須脂肪酸(α-リノレン酸・EPA・DHA)が豊富に含まれており、肉類に含まれる脂質(炎症を促す飽和脂肪酸)とは違い、皮膚の炎症を改善し、被毛を艶やかにする働きがあるのでおすすめです。
さらに、血液をサラサラにし高血圧を予防したり、脳の発達をサポートして痴呆を予防します。
また、消化が良いので消化器系のトラブルをおこしにくく、免疫強化にも役立ちます。

 

アレルギー対策におすすめのドッグフードランキング

魚がメインの国産フード!メディコート アレルゲンカット

犬に必要なたんぱく源を「魚とえんどう豆」、「魚と米」から摂取できる国産のドッグフードが「メディコート アレルゲンカット(1㎏・1,100円~)」です。
魚、米、えんどう豆と低アレルギー性の食物を原材料にしているため、肉類にアレルギーを持っている犬にぴったりのフードです。
魚のDHA・EPAや亜鉛アミノ酸複合体、抗酸化成分であるゴマ粉末やグルタチオン酵母(魚&お米の子犬・成犬・高齢犬・老齢犬用)、セレン酵母(魚&お米のライト成犬・ライト高齢犬、魚&えんどう豆の成犬・高齢犬用)を配合し、愛犬の皮膚の状態を健康に保つサポートをしてくれます。

 

グレインフリーの高品質フード!ハロー

人間でも食べられるほどの高品質な原材料である肉や魚を使用した「ハロー(1袋900g&1.8㎏・2,376円~4,212円)」は、アレルギーでも食べられるようにグルテンフリー、合成着色料・保存料・香料無添加でもあります。
動物が持つ自然治癒力や生命力を高めるためのホリスティックドッグフードで、パピー用、アダルト用、シニア用があり、それぞれ体重管理用のカロリーオフ、高品質なサーモンを使用したヘルシーサーモンなどの種類があります。
しかし、ホワイトフィッシュという何の魚か分からない原材料が使用されている点は、気になる所なので注意が必要です。

 

大豆・大麦・とうもろこし不使用!プロステージ

獣医師の協力のもとに開発された「プロステージ」は、食物アレルギー対策として大豆・小麦・トウモロコシを一切使用していないグルテンフリーの高品質ドッグフードです。
低アレルギー性の豚肉やナマズを使用し、成長段階や体質に合わせて「ポーク&ライス(500g×2袋・1,620円~)」、「フィッシュ&ライス(500g×2袋・1,620円~)」が選べます。
穀物の代わりに消化に優しいお米を使用しているので、アレルギー反応を抑えます。
また、カルシウムやオリゴ糖、ビール酵母、DHA・EPA、ビタミンやハーブを成長段階に合わせて配合し、体の外も中の健康を維持します。

 

ヒューマングレードの原材料を使用!ロータス

ヒューマングレードとは、人間でも食べられるほどの高品質であることを言います。
ドッグフードの「ロータス(1㎏・2,700円~)」は、パピーチキン・アダルトチキン・アダルトラム・フィッシュダック・シニアチキン・グルテンフリーがあり、全てヒューマングレードの原材料を使用しています。
飼育ホルモンを必要としない鶏肉・ラム肉・白身魚を使用し、アレルギー配慮のために小麦・大豆・トウモロコシ・チキン、ラムの副産物は使用していません。
調理法にもこだわり、「オーブンベイク製法」を採用し、オーブンでじっくりと焼き栄養とフード本来の風味を逃さず美味しく食べられます。

 

栄養バランス抜群!go

食材の新鮮さや栄養バランスは、ドッグフード選びにはとても大切な要素です。
カナダのドッグフードブランド「GO!(227g・518円~11.34㎏16,718円 種類別)」は、チキンやベニソン(鹿肉)、七面鳥、トラウト、ダックなどを使用、ドライ・ウェットタイプがあり、犬の好みと体質に合わせたタンパク源を選ぶことができます。
また、穀物やポテトを使用していないグルテンフリーで、アレルギーにも対応しているほか、香料・合成保存料などの有害な物質は添加されていないため、過敏症な愛犬にも安心して与えることができます。
さらに、低温でじっくりと調理しているので、素材の風味や栄養を逃さず嗜好性にも富んだドッグフードです。

愛犬におすすめのドッグフードは「カナガン」

カナガンドッグフード

愛犬の健康に良いドッグフードをお探しなら「カナガンドッグフード」がおすすめです。

カナガンドッグフードは、犬の健康を第一に考えて作られています。
無添加なのはもちろん、グレインフリー(穀物不使用)で野菜やハーブなど、ナチュラルで栄養のある材料をバランスを考えて配合しているため、犬でも消化がしやすいのです。

さらにカナガンは食いつきの良さにも定評があります。
カナガンに変えてから食いつきがよくなった、ご飯タイムになるとすごく喜ぶようになった、といった口コミも多いです。
犬にとっておいしいドッグフードだということですね!

もし今ドッグフードにお悩みなら、犬にも飼い主にも嬉しい「カナガンドッグフード」を是非一度お試しください。

犬が喜ぶドッグフードはカナガン