トイプードルに最適なドッグフードの選び方

トイプードル ドッグフード

飼いたい犬ナンバーワンを獲得し続けているトイプードル。
人懐こくて、愛嬌があり、そして賢いのでしつけがしやすいため、家庭で飼いやすい人気の犬種です。
しかし、その一方で遺伝性疾患が多い犬種であることはあまり知られていません。
犬も大切な家族の一員ですから、元気に長生きしてもらうためには、人間同様健康に十分注意をしてあげなければなりません。
しかし、実際はどうでしょう?
コストパフォーマンスの良さから、安価なドッグフードを与え続けていたり、食いつきが悪ければ安易におやつを与えてごまかしていたり・・。
そして、いつの間にかどんどん痩せて毛並みが悪くなってしまったり、病気をよくするようになって動物病院をまわったり・・・。
トイプードルも人間と同じです。
毎日食べるもので身体は作られていきます。
まずは健康のために、そして長生きのために、原料、成分で信頼できるドッグフードを選ぶ必要があります。
さらには毎日おいしく食べてほしい。
そんなドッグフードはどうやって選べばよいのでしょうか?
トイプードルにとって最適なドッグフードを選ぶ基本ポイントは以下の2つです。

 

1.グレインフリー(穀物不使用)かどうか

犬は基本的に肉食なので、もともと穀物を消化するのが苦手です。
つまり、穀物を摂取すると消化器に負担がかかるのです。
その状態を長期間続けることで、アレルギーなど皮膚トラブルや消化器トラブルの元となります。
ヒューマングレード(人でも食べられる)の高品質なたんぱく質を使用したグレインフリーにこだわったドッグフードを選ぶことが大切です。

 

2.無添加かどうか

安価なドッグフードの多くは長期保存をするためや、犬の食いつきを良くするために添加物がたくさん入っています。
人間は健康に害のない程度が決まっていますが、ドッグフードの場合は大量に使用されている場合もあります。
酸化防止剤、防腐剤、着色料、香料などが使用されていないか、必ず確認をしなければいけません。
人が食べのもの添加物を気にするように、犬の食べ物も気をつけなければいけません。

 

トイプードルにおすすめのドッグフードをご紹介!

グレインフリーで安心!カナガン

カナガンは非常に評判がよく人気のドッグフードで、先進国イギリス産のドッグフードです。
良質な肉類が約60%、残り40%が野菜や植物成分で作られています。
高品質なたんぱく質たっぷりなので、アレルギーの改善や体力アップに有効です。
そして、犬の消化器に負担をかけないベストな栄養が配合されているので、少量で十分な栄養がとれることが魅力です。
もちろんグレインフリー(穀物不使用)で、人工添加物、保存料不使用。
袋を開けたときの美味しそうな香りに犬たちも大喜びするそうです。
保存料が無添加なのでぎりぎりまで乾燥させてあり、小粒でカリカリなのでトイプードルも食べやすく、歯やあごにも良いと評判です。

 

価格
1袋2Kg 3,960円(税込)送料別
定期購入にすると、20%OFF 送料無料

 

良質なタンパク質が豊富なオリジン

オリジンは数あるプレミアムドッグフードの中でも最高級と評判のカナダ産のドッグフードです。
「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」を3年連続受賞しています。
肉類80%、野菜、果物類20%の配合でカナダ産の新鮮な材料のみ使用したヒューマングレード(人も食べられる)です。
もちろんオリジンもグレインフリーで、添加物は一切入っていません。
年齢別や、アレルギー、ダイエット対策など商品のラインアップも豊富で徹底的な品質の高さから愛犬家から高い評価を得ています。
価格が高いことが難点ですが、ほかのプレミアムドッグフードとのローテーションで与えたりするのもよいかもしれません。

 

価格
オリジンアダルト(成犬用) 2.27Kg 6,156円(税込)送料別

 

ヒューマングレード!&無添加!アランズナチュラルドッグフード

アラナンズナチュラルドッグフードは「ナチュラルフィーディング(自然給餌)」の考えに基づいて研究・開発されたイギリス産のドッグフードです。
ナチュラルフィーディングとは、「どんなに犬種改良が進んだとしても、野生の犬の食生活を再現するべき」という考え方のこと。
アランズナチュラルドッグフードを摂取すれば、どんな犬種であっても犬として必要な栄養をカバーすることができると言われています。
実際、原材料をみると、その品目の少なさに驚きます。
余分なものは本当に一切入っていません。
ヒューマングレードのラム肉が約50%、玄米、大麦その他約50%となっていて、鶏肉や牛肉にアレルギーがある場合でも安心して与えられます。
しかし残念ながら、グレインフリーではありません。
玄米や大麦などが使用されています。
ただし、多くの犬がアレルギーで苦しむ小麦やトウモロコシは一切使っておらず、量も野生の犬が自然界で口にしているであろう程度の量しか配合されていません。
添加物は一切なく、天然の原料だけで必要な栄養のすべてをカバーできていることから、ダイエットが必要なワンちゃんやアレルギーが気になるワンちゃんにピッタリなドッグフードです。

 

価格
ナチュラムドッグフードラム 2Kg 3,960円(税抜) 送料別
定期購入にすると、3,564円(税抜) 送料別

 

食いつき良いと大人気!アカナ

 

アカナは「オリジン」を製造しているメーカーの商品で、オリジン同様人気があるカナダ産のドッグフードです。
アカナとオリジンの大きな違いとして、肉成分の配分料が挙げられます。
オリジンは約80%が肉ですが、アカナは約65%が肉となっています。
原材料には「鶏肉ミール」と書かれているので、「食べられないような副産物が含まれているのでは?」と思われがちですが、アカナは公式HPでも安全性を謳っていてヒューマングレードであることから安心して与えることができます。
「オリジンでは栄養が良すぎる・・でもドッグフードの質は落としたくない・・」という場合にアカナがおすすめです。
しかし、残念ながらアカナはスチールカットオーツという穀物を使っているのでグレインフリーではありません。
とはいえ、低アレルギーなのでアレルギーが多い場合でもおすすめです。
そして、アカナは血糖値を抑える工夫がされているフードで、理論的に少ない量でもお腹が空きにくいようにできていて、肥満防止に効果が期待されるドッグフードです。

 

価格
パピー・スモール・ブリード(小型犬子犬用) 2.27Kg 4,644円(税込)送料別

 

みんな何を選んでる?飼い主さんの口コミ・評判

毛がごわごわだったのがさらさらになった!カナガン

半生になれてしまった子にいきなりドライフードはいやがったのですが、カナガンはお湯でふやかしてあげられるので、少しずつ切り替えていきました。
すると、やはり無添加の成果でしょうか、5ヶ月をすぎたころから毛並みが目に見えてかわりました。
ブラッシングも気持ちよさそうにされるようになりました!
トイプードルのかわいい特徴の毛並みや毛艶を保つには、やはりお肉たっぷりの無添加が一番なのでしょうね。
食いつきも良くなってきているので、これからも続けてみようと思っています。

 

病気とは無縁!オリジン

世界一のドッグフードと聞いて試して使いだしてから、病気とはまったく無縁になりました。
シニアになってから関節が悪くなるとよく聞いていましたが、オリジンのコンドロイチンやグルコサミンのおかげか、とても元気に走り回っていて足腰が強い気がします。
一時、オリジンをやめて他のフードに変えたことがあったのですが、あっという間に毛がボサボサになってしまったのを覚えています。
そして、すぐに残すようになったような・・。
オリジンに戻してからは、残すこともなく毎食完食です!

 

アラナンズナチュラルフードでアレルギーが低減した!

以前よりうんちの回数が減って、におわなくなりました!
ずっと悩んでいた涙やけも、トイプードルは仕方ないと思っていましたが、フードでこんなに変わるなんて!と驚いています。
以前からアレルギー気味で、獣医さんに勧められて与えることにしたのですが、皮膚トラブルとも無縁なりました!
ラム肉がよかったのかな。
しかも、毛並みもふわふわになりました!

 

トイプードルの1日の給餌量の目安は?

トイプードルに与えるドッグフードの回数や量は、一日どれくらいが理想なのでしょうか?
パッケージ裏にも与える量は書かれていますが、何も考えずにそのまま与えるのはよくありません。
そもそも、パッケージに書かれている給餌量は「標準体重」を基本として書かれています。
愛犬が肥満気味であったり、やせ気味であったりするときは、パッケージの量では多すぎたり、少なすぎたりします。
また、シニアになってくると人間同様基礎代謝が低下するので、食べるからと言って若い活動期と同じ量を与えていると肥満になってしまいます。
また、1日にフードを与える回数ですが、考え方は様々です。
一般的に言えば、1歳以上の成犬であれば1日2回が理想的です。
子犬の間、生後6カ月までは1日4回以上に分けて与えるのがよいでしょう。
生後6カ月を過ぎれば、1日2回ほどにしていくのがよいでしょう。
一般的に犬に必要なエネルギー量は体重あたりの体表面積に比例すると言われています。
つまり、トイプードルの場合、体重は1~5キロと軽い割に体表面積が広いので、必要なエネルギー量が多めです。
そのため、栄養豊富で高タンパクなフードを与える必要があるのです。
それを踏まえて、1日の給餌量の目安を考えるとすると、まずは、パッケージに書かれている量を参考にしたうえで、愛犬が必要とするエネルギー量を考慮するとよいと思います。

 

・犬の年齢
・日中の活動量
・体型
・与えているフードのカロリー

 

などを考慮し、どれくらい与えるのがよいのか調整が必要なのです。
といっても、必要とするエネルギー量はどれくらいなのか自分で計算できませんよね?
そんな時は、犬の食事量を計算できるサイトなどがあるので、利用してみると良いかもしれません。
ただ、与えるフードのメーカーによっても考え方は違いますし、計算方法も様々です。
そして、もちろん犬それぞれで個体差もあるので、参考程度に利用するのがよいかと思います。
そして、夏や冬など季節によっても食欲や必要カロリーも変わってきますので、その時その時の愛犬の健康状態や様子をよくチェックし、食事量を決めてあげるのが一番だと思います。

 

トイプードルがドッグフードを食べない原因と対策は?

「昨日までは食べていたのに、急にドッグフードを食べなくなってしまった・・・。」
という悩みはトイプードルではよく聞く内容かもしれません。もともとトイプードルは賢い犬種です。
そのため、好き嫌いがはっきりしていたり、より好みをしたりする傾向はあるようです。
では、ドッグフードを食べない原因はどこにあるのでしょうか?
そして、食べさせるためにどんな工夫をすればよいのでしょうか?

 

今回は、4つのポイントを紹介したいと思います。

 

1、トイプードルは味より匂い

そもそも、犬の舌の味らい(味を感じる器官)は人間の1/5しかないそうです。
味自体をあまり気にして食べていないので、食べないとなったとき、「おいしくないのかな?」とドッグフードの種類を変えるのはあまり意味がありません。
(体調が著しく悪くなっている時であれば、フードを変えるほうがいい場合もあります)
それよりも、今食べているドッグフードにお湯を少しかけてみるのがお勧めです。
お湯は40度くらいのぬるめにしてください。(フードに含まれる乳酸菌などを殺さないように)
お湯をかけると、乾いたままのフードを食べるより、匂いが強くでます。
それによって、食いつきが良くなる場合があります。
ドライタイプよりウェットタイプのほうがよく食べる、という子はまさにそのタイプかもしれません。

 

2、ドッグフードのたんぱく質の量が多いフードに変えてみる

今までのドッグフードを変える、という場合は、フードに含まれる動物性たんぱく質(肉や魚)の多いタイプに変えてみてください。
安価なドッグフードの場合、穀物がたくさん入っていたりして消化が悪く、胃腸に負担がかかります。
それによって犬が嫌がっている場合があります。
犬はもともと肉食の動物です。
ドッグフードに含まれる肉の量が多いものに変えると、食いつきがよくなる場合があります。
もし、穀物がたくさん含まれているようなフードをやめるのであれば、グレインフリーのドッグフードを選ぶことをおすすめします。

 

3、ドッグフードの油のコーティングが嫌だ

ドッグフードは種類によっては、フードの表面に油脂分がついているものがあります。
ドッグフードを手に取ったときに、手のひらがべたべたするのはそのタイプです。
これはそもそも、食いつきが良くなるために付けられていることが多いです。
しかし、この油脂分がパッケージの開封ごとに空気に触れることで酸化し、匂いも強くなってしまいます。
その匂いが平気な犬もいるかもしれませんが、この匂いが嫌で食いつきが悪くなる犬もいます。
それに、酸化はドッグフード劣化であり、の大敵です。
ドッグフードを変えない場合は、酸化しないように密封容器に小分けにして保管したりして酸化を防ぎましょう。
ドッグフードを変えるのであれば、お肉の素材の匂いが強くでる(お肉の量が多い)ナチュラルフードがおすすめです。

 

4、変な匂いがするから嫌だ

酸化した油脂分が嫌な場合を挙げましたが、安価なフードの場合、香料や酸化防止剤などの添加物が大量に含まれている場合があります。
それが好きな犬もいるかもしれませんが、人間同様、添加物は身体に良いはずはありません。
犬も本能的にその匂いを嫌がるのかもしれません。
犬の健康のことを考えれば、無添加のドッグフードを選んであげましょう。
それによって、食いつきが良くなる場合もあります。

 

最後に余談ではありますが、
食べないワンちゃんが心配なのはよくわかりますが、じーっと見つめたりしていませんか?
人でも食べているところを見つめられると良い気分では食べられないと思います。
好きに食べさせてあげると、意外にパクパクと食べだすかもしれません。

 

愛するトイプードルが少しでも元気で長生きするためにも、毎日おいしく食べてもらえるのが一番ですね。