> 第5章「愛犬とのハッピーライフ」

ドッグフード

あなたのワンちゃんのしあわせは、大好きなあなたとずっと一緒にいることです。

 

 ずっと一緒にいるためには健康でなくてはなりません。そして、繰り返しなりますがワンちゃんの健康に大きく影響するのが、毎日食べるドッグフードなのです。あなたとあなたのワンちゃんのしあわせために、下記の具体的な行動を提案します。ワンちゃんの幸せをかんがえるのであれば、必ず実行してください。

 

 まずは、今与えているドッグフードを第4章に書いた選択基準を元にチェックします。ここで、継続して与えるべきではないと思ったら、そのドッグフードはゴミ箱に捨ててください。継続して与えてもいいなと思ったら、候補の1つとして残します。

 

 次に同様の方法で、お店に並んでいるドッグフードをチェックして、少なくとも現在購入しているドッグフードも合わせて3つのドッグフードを選びます。パッケージや値段からは分からない部分に関して、製造元のホームページを調べたり、お客様相談室に電話をかけて問い合わせを行います。それを元に選んだドッグフードの中から、ワンちゃんの代わりに自分が毎日食べ続けることになっても、大丈夫だと思うものを1つ選び与えてください。

 

 ワンちゃんが新しく与えるドッグフードを嫌がる場合は、今まで与えていたドッグフードに新しいドッグフードを少しずつ混ぜて、少しずつ切り替えてあげます。新しいドッグフードに変えた直後は、体重の変化や便の状態をよく観察し、それに応じて与える量を調節してあげてください。

 

 但し、選んであげたドッグフードが、無添加で、人間用の原材料を使用して製造されたドッグフードでも、あなたのワンちゃんに合わなければ、下痢や嘔吐をしてしまいますので、ドッグフードの切り替えの時はいつも以上にワンちゃんの体調に気を配ってください。

 

 また、1日あたりの1回の食事は、胃酸によって食道の負担をあえるので食事は1日に2回にわけて与えた方が好ましいです。未使用のドッグフードはできるだけ、密閉性のよい容器に移し、直射日光の当たらない冷暗所に保管するようにしてください。また、常に新鮮な水が飲めるよう環境も用意してあげてください。

 

 たったこれだけのこの行動をするだけで、あなたのワンちゃんが有害なドッグフードを食べる確率が大幅に減ります。今まで10Kg1000円のドッグフードを買っていた人にとっては、よいドッグフードは値段が高く感じられるかもしれません。

 

 しかし、添加物がいっぱいで信頼できない安物のドッグフードを与え続ければ、必ずあなたのワンちゃんは健康を損ないます。もし、それが原因で病気になり、手術や入院をすることになれば10万、20万円も費用がかかり、それはドッグフードの比ではありません。

 

 それで助かればまだ救いはありますが、それが元で最悪の結果になる可能性だってあります。愛するワンちゃんを失って、想像以上のショックを受けた人たちを私はよく知っています。私はあなたに後悔してほしくはありません。どうか正しい選択をしてあげてください。

 

おわり

 

~ おまけ ~
 よく「一番おすすめのドッグフードはどれですか?」といった質問を頂きます。本当は、自分で見つけることが大切なのですが、忙しくてなかなか探す時間がないといった方もおられると思います。そんな方のために私のおすすめのドッグフードをご参考までに紹介させて頂きます。

 

>> ドッグフード研究所おすすめドッグフード1

>> ドッグフード研究所おすすめドッグフード2