ドッグフードを寄付したい!どこへ送ればいい?

ドッグフード 寄付

愛犬が食べ飽きたドッグフードが余ってしまった・・・。
まだ食べられるし、捨てるのはもったいない・・。
様々な理由でドッグフードが余ってしまったとき、どうしようか迷うこともあると思います。
そんなとき、喜んでもらってくれる人に届けられたら良いですよね?
そうなんです。
実は、ドッグフードは寄付することができるのです。
しかも、寄付を受け入れてくれる機関はたくさんあります。
「開封しちゃったけど、ほとんど残っている。」
「未開封だけど、賞味期限が結構近いけどいいの?。」
「ちょっとしか残ってないけど、もう使うこともないから。」
寄付したい!と思っても、何か条件があったり、決まりごとがあったりするのかわからない。
本当に役に立てるの?ちょっと尻込みしてしまう。
そんな人も多いかとは思います。
そこで、このページでは、ドッグフードの寄付を受け入れてくれる機関や条件について見ていきたいと思います。

 

JCDL

JCDL(ジャパン・ケイナイン・ディフェンス・リーグ)は、保健所などで殺処分されるはずだった犬や猫を保護したり、捨てられたり迷子になった犬猫の里親となる飼い主を募集する活動をしている動物愛護市民団体です。
JCDLでは常時物資の支援を受け入れていて、ドッグフードの寄付については開封済みでも、サンプルの小袋でも、賞味期限に余裕がないものでも寄付することができます。
・ドライフード(カリカリ)
・缶詰
・レトルトフード
・おやつ
など、ドッグフード全般が不足しているようです。
ペットフードのみならず、ペット用品やペットシーツなどの消耗品が不足しているので、様々な支援物資を希望されています。
住所の詳細は公開されていないので、電話またはメールで問い合わせをしてから寄付することが可能です。

 

連絡先:090-1131-4022 (対応可能時間: 9:00~18:00)
支援物資について:npo@jcdl.jp
ホームページ(支援について):http://www.jcdl.jp/support.html
所在地:京都府亀岡市

 

犬と猫のためのライフボート

NPO法人犬の猫のためのライフボートは、保健所などで殺処分されるはずだった犬と猫を保護し、里親となる飼い主を探す活動をしている団体です。
また、施設内に動物病院が併設されているため、保護された犬や猫の健康管理もしっかりサポートされており、里親に渡る前に全ての犬猫の避妊去勢手術が可能になっています。
物資の支援は常時受付中で、ドッグフードも受け付けてもらえます。
施設では普段、ドライフードは「愛犬元気」「ビタワン」「ランミール」などを与えているそうですが、総合栄養食であれば、対象年齢、メーカー、商品名は問わないそうです。
ただし、開封済みのものなどは事前に団体に問い合わせをして確認をしてください。
犬用ウェットフードも375g缶を与えていて、メーカー、商品等問わないそうです。
住所は公開されていないので、ホームページの自動問い合わせフォームや電話で問い合わせをしてから寄付することが可能です。

 

連絡先:04-7190-1919(9:00~12:00、13:00~17:00 年中無休)
https://www.lifeboatjapan.org/cgi/auto-address/(自動問い合わせフォーム)
ホームページ(支援について):https://www.lifeboatjapan.org/cooperation/mono/index.html

 

日本ドッグホーム協会

日本ドッグホーム協会は、やむを得ない事情で飼育を継続できなくなった高齢者のペット動物たちを引き取り、生涯飼育している団体です。
行政(高齢福祉課、社会福祉課、包括支援センター等)から依頼があった場合のみに限って引き取りをしています。
預けたペットにはいつでも面会ができ、病気などで預かっていた場合は回復後また一緒に暮らすようになることもあるそうです。
愛するペットを大事に守ってもらえることで、高齢者にも元気と安心を与えている団体です。
ドッグフードの寄付も常時受付をされています。
ドッグフードは基本ドライフードで、対象年齢は問わないそうです。
ただ、犬の健康管理維持のため、サイエンスダイエットやアイムスといったプレミアムフードを希望されています。
開封済みのものなどは、事前に協会に問い合わせをして確認してください。

 

送付先:〒424‐0302 静岡県静岡市清水区小河内925-1 日本ドッグホーム協会
連絡先:054-360-1345
ホームページ(支援について):http://www.doghome.jp/kihu.html

 

近くの活動団体を探して寄付もOK

最近では、保健所での殺処分ゼロを目指して、犬猫を保護しているボランティア団体は全国にたくさん広がってきています。
シェルターのような大きな規模の動物保護施設で管理している団体もあれば、小さな団体も各都道府県に多くあります。
自分が住んでいる近くの活動団体に気軽に寄付、というのも一つの方法かもしれません。
そこで、いくつかの都市の活動団体を紹介したいと思います。

 

大阪

HOGOKEN CAFE
テレビなどでの紹介されて有名にもなりつつあります。保護された犬がキャストとして働いているという、保護犬という重苦しいイメージを覆したカフェを運営しています。
小型犬が主で、もちろん里親の募集もしています。
2017年5月現在、ドライフードの支援募集はされておらず、ウェットフードは受付されています。
試供品など小袋でも受付ています。
ドライフードを寄付したい場合は事前に問い合わせをしてください。

 

問い合わせフォーム:http://www.hogokencafe.com/contact/forms/index/1
連絡先:大阪府大阪市東成区玉津3-1-7 06-6712-0715(11:00~20:00)
ホームページ(支援について):http://www.hogokencafe.com/contents/2013/09/post-127.php

 

東京

ドッグレスキュークラブ東京
捨て犬や保健所から保護した犬たちの再スタートをサポートする団体です。
里親の募集もしていますが、譲渡会などは開催されておらず、インターネット上からの申し込み、相談のみの団体です。
ドッグフードなどの物品寄付も受け付けて、2017年5月現在ドッグフードとおやつが不足されているそうです。
ドライフードやウェットフードなど指定はありませんが、開封済みの場合などは事前に問い合わせてください。

 

問い合わせフォーム:http://www.drct.gr.jp/inq/index.html

 

福岡

北九州市動物愛護センター
市の動物愛護センターで、保健所から保護した犬猫や捨て犬などを里親に譲渡することを目指す団体です。
今足りない物資が公開されているので、寄付しやすいと思います。
2017年5月現在、子犬のドライフード、成犬子犬のウェットフードが不足しているようです。
また、賞味期限内で未開封のものに限っているということなので、注意してください。

 

問い合わせフォーム:https://ssl.city.kitakyushu.lg.jp/cgi-bin/inquire/inquire.cgi
連絡先:保健福祉局保健衛生部動物愛護センター
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町24番地7
電話:093-581-1800 FAX:093-582-8852

 

災害時のドッグフードの寄付について

災害で被災した犬たちのために、ドッグフードの寄付という形で手助け、協力をしたい、という場合はどうしたらいいのでしょうか。
どの地域でどんな支援が開始されているのか、どんな物資が必要とされているのか、などの情報をあらかじめ調べることができます。

 

公益財団法人日本動物愛護協会

動物の命を守る活動をベースとした機関です。
ドッグフードを寄付する場合は、賞味期限に余裕があるもの、未開封のものに限られています。
協会の所在地には事務所のみで動物はいませんので、寄付をする場合は事前に連絡をし確認することをおすすめします。
また、日本動物愛護協会はペット災害対策推進協会の構成団体です。
災害発生時には、被災地向けにペット災害対策推進協会がどのような支援をしているのかなどの情報もホームページやフェイスブックなどから知ることができます。

 

URL:http://www.jspca.or.jp/
問い合わせフォーム:https://jspca.or.jp/donate/form.php
連絡先:TEL 03-3478-1886 FAX03-3478-1887(10:00~12:00 13:00~17:00年末年始除く)

 

一般財団法人ペット災害対策推進協会

災害時のペット救護活動に重点をおいた機関です。
現在どの地域に支援活動が続けられているのかなどの情報がホームページから知ることができます。
協会の所在地には事務所のみで動物はいませんので、ドッグフードなどの物資の支援についても、協会自体は受け付けてはいません。
ただし、ホームページ上で各地の動物救護本部が募集している情報や連絡先などがまとめられているので、直接各地に問い合わせをして確認してください。

 

URL:https://doubutsukyuen.org/
問い合わせフォーム:https://doubutsukyuen.org/main/contact
連絡先:03-6380-5717 (平日の9:30~17:00)