> 犬種別ドッグフードの選び方-犬種でドッグフードを選ぶならこちら

犬種別のおすすめドッグフードとは?

ドッグフード 犬種


犬種ごとにおすすめドッグフードや与え方・量が異なります。

あなたの愛犬の犬種は?

以下から選んで、ワンちゃんに適したドッグフードをあげましょう。

犬種別ドッグフードを選ぶメリット-全犬種用ドッグフードとの違い

世界中には様々な犬種が存在しており、犬種によって体格も違うため、ドッグフードを与える時は、その犬種に合わせたものを与える必要があります。
例えば、小型犬の純血種はアレルギーや皮膚疾患、内臓疾患が多いので、大型犬や中型犬のフードを与えることはおすすめできません。
大型犬でも中型犬でも、犬種によって体質や体格が異なり、それぞれかかりやすい病気があるので、ドッグフードを適当に選んで与えると、愛犬の健康を害してしまう恐れがあります。
ここからは、「犬種別ドッグフードを選ぶとどんなメリットがあるのか」、「犬種別と全犬種用ドッグフードの違いは何か」といった重要なポイントを詳しく説明していきます。

 

必要な栄養素を摂取できる

犬種別ドッグフード最大のメリットは、全犬種用ドッグフードとは違って犬種に合わせた栄養素が含まれているので、犬種固有の弱点を補える点です。
例えば、骨が細いチワワには関節の健康をサポートするカルシウムやコンドロイチン、美しい毛並のマルチーズには被毛や皮膚の健康を強化する栄養素が必要になるので、これらが配合されたフードを選ぶことで愛犬の健康を維持できます。
すべての犬種に対して専用のドッグフードがあるわけではありませんが、犬種に合わせた栄養素を摂取できるのがメリットです。
一方の全犬種用には必要な栄養素がバランスよく入っているため、与える場合は給与量を調整して栄養も調整することが必要です。

 

違う犬種用のドッグフードをあげても大丈夫?

犬種によって必要な栄養素が異なると先に説明しましたが、違う犬種用のドッグフードを与えても愛犬の身体に異常をきたさないか気になりますよね?
犬種によっても個体差があるので、必ずしも「チワワにはチワワ専用のドッグフード」というように犬種別ドッグフードにとらわれる必要はありません。
愛犬に必要な栄養素が分かっていれば、必要な栄養素が配合されたドッグフードを与えることが肝心です。
違う犬種のフードを食べたからといって、身体に害がある訳ではありません。
ただし、小型犬用や大型犬用ではカロリーが違うので、愛犬に必要なカロリーを計算の上、適切な給与量を守って与えることがポイントです。

 

ドッグフードを選ぶ時はライフステージにも注意!

犬種によって必要な栄養素は違いますが、幼犬から成犬、高齢犬までのライフステージ(成長段階)によっても必要な栄養素が変わります。そのため、ドッグフードは犬種だけでなく成長段階も考慮して選ぶべきなのです。
成長段階が変わっても、同じようにドッグフードを与えてしまうと、栄養不足または栄養過多に陥り、健康維持をできなくなってしまいます。
犬種別で、さらにライフステージ別になっているドッグフードを選ぶとなお良いでしょう。
ここからは、ライフステージ別のドッグフードの特徴を詳しく説明していきますので、購入の際の参考にしてみてください。

 

幼犬・子犬には動物性タンパク質が豊富なドッグフード

幼犬や子犬は成長段階で消化吸収が良い時期なので、新鮮な肉や良質な原材料を使用しているドッグフードを与えましょう。
急速な成長に必要な栄養素、特に動物性タンパク質が必要です。
幼犬や子犬の場合、成犬の約4倍もの動物性タンパク質が必要だと言われているので、パッケージなどをチェックして、高タンパクなドッグフードを選んであげてください。
また、免疫力が弱いので十分なカルシウムやエネルギーを摂取できることも重要です。
さらに、美味しくフードを食べてもらうためには、栄養面だけでなく食いつきがよいフードを探してあげることも大切です。

 

成犬には栄養バランスの取れたドッグフード

成犬になると、成長期よりも成長が安定し、なおかつ子犬の頃より食べる量が増えるので、栄養素が多すぎるフードだと太るおそれがあります。
従って、高カロリーなフードは避けるようにしましょう。
ただし、栄養素が少ないフードだと健康を維持できないため、成犬には栄養バランスの取れたドッグフードが最適です。
成犬期はライフステージの中でも最も活動する時期なので、必要なカロリーを把握して、適切な量を与えることが大切です。
成犬用のフードに切り替える時期としては、小型犬で6ヶ月過ぎから9ヶ月まで、中型犬は約1年、大型犬で約1年半~2年経った頃をおすすめします。

 

老犬には低カロリー・高タンパクのドッグフード

成犬期を過ぎて高齢期に入ると活動量がぐっと減るので、高カロリーのドッグフードは避け、低カロリーのドッグフードで肥満を予防する必要があります。
肥満になってしまうと、様々な病気を引き起こす危険があるからです。しかし、健康維持のためには、栄養が豊富に含まれていることが重要なので、低カロリーで高たんぱくのフードを与えるとよいでしょう。
また、年を取ると食欲も落ちることが多くなるので、嗜好性が高く栄養も豊富で消化吸収の良い原料を使用したドッグフードなどもおすすめです。
さらに、老犬の場合は持病にも配慮する必要があります。
病気の症状を悪化させる栄養素もあるので、愛犬に不必要な栄養素を把握しておくことが重要です。

 

犬種別ドッグフードを選んで良かった?飼い主さんの口コミ・評判

涙やけが改善した!

以前は全犬種用のドッグフードを与えていましたが、涙やけがひどかったので、犬種に合ったドッグフードを購入しました。
うちの犬はブルドッグなのですが、恥ずかしながら涙やけになりやすい犬種だとは知らなかったのです。
フードを変えたほうがいいと気が付くまで時間がかかり、目の周りの炎症をひどくしてしまい反省しています。
しかし、フードを変えて数カ月したころには、涙やけが改善していました!
その上、皮膚の状態も以前より確実にきれいになって、愛犬も喜んでいるようです。
やはり、犬の体質に合わせたフードを選ぶことがとても重要だと思いました。

 

年齢:30代
性別:女性
評価(5点満点):★★★★

 

体重が落ちてスマートに

我が家ではゴールデンレトリバーを飼っていますが、とても太っていることが悩みでした。
運動はさせていましたが、それ以上に食欲が旺盛な犬種なため、ダイエットをすることが難しかったのです。
獣医さんに相談したところ、フードを変えたほうがよいと言われたので、変えてみました。
すると、体重が落ちてスマートになりました。
以前のフードは、今与えているものよりも高カロリーだったようです。
全犬種用のフードは手に入りやすく与えやすいのですが、やはりその犬の性質に合ったフードを与えることによって、犬に余計な負担を与えないことを知りました。

 

年齢:40代
性別:女性
評価(5点満点):★★★

 

食いつきが悪いので全犬種用に戻しました

「犬種別のフードを与えたほうが犬の健康を維持できる」との情報を得たので、全犬種用から柴犬用のフードに変えました。
柴犬用だから食いつきもいいだろうと期待していましたが、彼は気に入らないらしく、とても食いつきが悪くてガッカリ。
栄養素は柴犬に合ったフードだったのですが、匂いが嫌いだったようです。
どうしても食べてくれないので、以前与えていた全犬種用のフードに戻しました。
すると、食いつきがよくなって以前のような食欲に戻りました。
栄養面も重要だとは思いますが、食べてくれないと意味がないので、犬の好みに合わせたほうがいいようです。

 

年齢:40代
性別:女性
評価(5点満点):★★

愛犬におすすめのドッグフードは「カナガン」

カナガンドッグフード

愛犬の健康に良いドッグフードをお探しなら「カナガンドッグフード」がおすすめです。

カナガンドッグフードは、犬の健康を第一に考えて作られています。
無添加なのはもちろん、グレインフリー(穀物不使用)で野菜やハーブなど、ナチュラルで栄養のある材料をバランスを考えて配合しているため、犬でも消化がしやすいのです。

さらにカナガンは食いつきの良さにも定評があります。
カナガンに変えてから食いつきがよくなった、ご飯タイムになるとすごく喜ぶようになった、といった口コミも多いです。
犬にとっておいしいドッグフードだということですね!

もし今ドッグフードにお悩みなら、犬にも飼い主にも嬉しい「カナガンドッグフード」を是非一度お試しください。

犬が喜ぶドッグフードはカナガン