> ドッグフードって人間が食べても大丈夫?おいしいの?

犬と人間の食事の違いとは

ドッグフード 人間

ペットとして代表的な犬ですが、可愛い愛犬につい人間と同じ食べ物をあげてはいませんか?
実は、人にとっては健康的で良い食事であっても、犬にとっては栄養バランスの悪い食事かもしれないのです。
このページでは、人と犬との食事の違いについて詳しくまとめていきたいと思います。
まず、そもそも人と犬では必要な栄養素が違います。
私たち人間の主食は、ご飯やパンと言った炭水化物です。
一方、犬たちが最も必要としている栄養素は、動物性のタンパク質であり、米や穀物類はアレルギーを引き起こす原因でもあります。
従って、人と同じように炭水化物を主食として与えすぎてしまうと、お腹を壊したり、体の不調をきたす原因となってしまう可能性もあります。
また、人の食事についても共通して言えることですが、塩分の摂り過ぎには特に注意が必要です。
犬は人のように汗をかくことがないので、摂り過ぎた塩分を排出することが難しく、摂り過ぎた塩分は健康に直結します。
このように、人と犬では必要な栄養素が違います。
次に、体の構造の違いです。
私たちは、まず「歯」ですりつぶし細かくしながら食事を食べます。
噛むことで唾液に含まれる消化酵素が食べたものを分解し、エネルギーに変えます。
対して犬の歯は鋭く尖っています。
これは食事が喉に通るサイズにするためであり、犬の唾液には消化酵素が含まれていません。
犬は、腸から栄養素を吸収します。

ただ、犬の腸は人のように長くないので、人が食べるような繊維質なものを食べると、消化が不十分なまま排泄されてしまいます。
このように、人と犬では体の構造が異なります。
最後に、人と犬の食品に適用される法律です。
人間の食品には使用を禁止されているものでも、ドッグフードには禁止されていない原材料もあり、合成添加物を使ったドッグフードや、毒性が確認されているような危険な防腐剤が使用されているドッグフードもあります。
ただし、毒性が確認されていると言っても、直ちに身体に影響が出るわけではなく、毎日食べることで体内に蓄積されていくのです。
このように、人と犬の食品に適用される法律が全く異なるのです。

 

人間がドッグフードを食べても害はない?

ヒューマングレードのドッグフードは食べてもOK

では、人間がドッグフードを食べても害はないのか、詳しくまとめていきたいと思います。
ドッグフードの中には「ヒューマングレード」と表記されているフードがあります。
先に説明したように、人と犬の食品には適用される法律が異なります。
そのため、体には良くないと分かっている食品でも、犬の食品に関する法律には触れないので、粗悪な原材料を使用されて作られているドッグフードがあると言うことです。
そこで、この「ヒューマングレード」と言うランクのドッグフードがあります。
これは、人が食べられる食材で作られているドッグフードであることを表します。
また、合成添加物を使わずに作られているドッグフードもあります。
美味しいかどうかは別ですが、こういったヒューマングレードの表記のあるドッグフードであれば、人が食べても特に問題はないでしょう。

 

格安なドッグフードを食べると危険

気をつけなければいけないのが、格安で売られている賞味期限の長いドッグフードです。
こうした保存期間の長いドッグフードには、毒性の確認されている防腐剤や合成添加物が含まれていることがあります。
また、原価を抑えるために安価で危険な原材料を使用していることもあります。
この危険な原材料の代表的なものが、「4Dミート」つまり、Dead(死んだ)、Dying(死にかけの)、Diseased(病気の)、Disabled(負傷した)動物の肉のことです。
そういったものが原材料に使用されている場合、パッケージには「〇〇ミール」、「肉副産物」、「肉粉」と記載されていることが多いので、よく確認しましょう。
こうした健康には決して良いと言えない原材料が、格安ドッグフードには使用されていることがあるのです。
このようなドッグフードは、人はもちろん、犬にとっても体に良いとは言えません。
ただちに影響があるものではありませんが、毎日口にすることで徐々に体に蓄積されていき、健康に影響を及ぼすこともあります。

 

ドッグフードって人間が食べてもおいしいの?

ドッグフードを人が食べても害はないのかについてまとめてきましたが、人が食べても美味しいのでしょうか?
ここからは、ドッグフードの味についてまとめていきたいと思います。
まず、ペットショップは量販店でもよく見かける犬用のドライフードですが、こちらは独特の匂いがあり、人が食べたいと思うようなものではなく、味も決して美味しいと言えるものではありません。
しかし、愛犬はパクパクと美味しそうに食べています。
なぜなのでしょうか?
これは、人と犬の味覚には違いにあるからです。
私たち人間は、舌で味を感じ取りますが、犬は人間ほど味覚が発達していないのです。
一方、犬は発達している嗅覚によって味を判断しているのです。
次に、ウェットタイプのドッグフードですが、こちらはドライタイプのフードに比べ、比較的素材の形も味も残っているため、ドライタイプよりは美味しいと言えるのではないのでしょうか。
犬もドライタイプのフードより、缶詰になっているウェットタイプのフードを好むようです。
最後に、おやつなどの嗜好品ですが、軟骨成分でできた芯に乾燥肉を巻き付けたおやつ等は、犬は好んで食べますが、人が食べても美味しいと言えるものではありません。
一方、クッキーやケーキなど菓子タイプになっているものは、人が食べても美味しいと感じるおやつになっているのではないかと思います。
これは、おやつに多少の甘さが味付けしてあるからです。
犬は甘い味を好むので、こうしたおやつ等の嗜好品には甘い味付けがされているのです。
まとめると、人と犬とでうまいと感じる基準が違うため、人がドッグフードを食べてもあまり美味しさを感じることはないですが、おやつなどの嗜好品に関しては、人が食べても美味しいと感じるものもあるようです。