1.ドッグフードと涙やけの関係を徹底解説!

ワンちゃんが一日中涙を流していたりたくさん目ヤニがついていたりということはありませんか?
それはもしかしたら、涙やけを起こしているかもしれません。
涙やけとは、目から鼻や口につながっている涙小管や鼻涙管の通りが悪く、目からしか涙が排出されなくなることを言います。
そのままにしておくと、雑菌が繁殖し感染症を引き起こしたり、別の病気の原因となる場合があるので、早急に改善する必要があります。
実は、涙やけはドッグフードを変えることで改善することがあるのです。
どうしてドッグフードが関係しているのか、詳しく解説いたします。

 

ドッグフード 涙やけ 関係

 

1-1.安価なドッグフードは栄養が不足する

涙やけは遺伝的な場合もありますが、食事が原因のことも多いと言われています。
たとえば、安価なドッグフードは栄養価が低く、脂肪分や添加物が多いのでそれらが消化、分解されず老廃物となってドロドロ涙を引き起こす傾向があります。
ドロドロ涙は目ヤニを増やすだけでなく、鼻涙管を詰まらせ、涙やけの原因になってしまうようです。
犬の消化吸収率は80%以上が理想とされているようですが、安価で低品質のドッグフードは添加物などのせいで消化吸収率がかなり下がります。
改善するためには、良質のタンパク質を使用したフードを与えることが大切なのです。

 

1-2.ドッグフードに含まれているたんぱく質の種類や質も原因に

また、タンパク質はタンパク質でも、その種類や質にも注意しなければなりません。
ワンちゃんは加熱加工した肉類の消化が苦手です。
ドライフードやおやつを選ぶときに、そういった加熱加工肉が使用されている場合は低たんぱく、低カロリーがおすすめです。
逆に、加熱されていない肉類は、消化分解が得意なので高たんぱく、高カロリーでも問題ありません。
そのため、涙やけ対策に生肉を中心とした手作りのフードを市販のペットフードと併用して与えている飼い主も多いようです。
生肉を食べていると、涙やけの原因となる未消化のタンパク質や老廃物を作りにくくなります。

 

1-3.本当は怖いドッグフードの添加物

国内に流通しているドッグフードの多くには添加物が含まれています。
人間の食品でもよく問題になっている添加物ですが、人の場合は厳しい法律によって基準が設けられています。
でも、ペットフードの場合は人用の食品に比べると基準がとても緩く、驚くほどの添加物が含まれていることがよくあるのです。
人口添加物がたくさん含まれているドッグフードを食べると、ワンちゃんの体に添加物がどんどん蓄積されていきます。
それが原因で涙や目ヤニがたくさんでて涙やけの原因になったり、その他にもさまざまな病気の原因となったりする可能性があるのです。

 

1-4.ドッグフードは無添加がおすすめ!

涙やけはもちろんのこと、ワンちゃんの健康を考えるなら、与えるドッグフードは無添加が絶対おすすめです。
みなさんは、ワンちゃんに今与えているドッグフードのパッケージに記載されている原材料を見たことがありますか?
着色料や合成保存料といった表記がある場合は、もしかしたらドッグフードを変えることで涙やけが改善するかもしれません。
また、穀物や肉骨粉や動物性脂肪といった原材料にも注意が必要です。
無添加をウリにしていて、鶏肉やラム肉、鹿肉などワンちゃんに必要な食材を使用しているドッグフードを選んであげるようにしましょう。

2.ドッグフード以外で涙やけを防止できる方法

涙やけを防止するためには、まず愛犬をよく観察して原因を突き止めることが大切です。
もちろんドッグフードが原因になっている場合もありますし、それ以外のことが原因の場合もあります。
また、いくつかの要因が複合して涙やけが起きている可能性もあります。
遺伝性の場合や犬種によってなりやすい場合もありますので、その場合は病院でこまめに鼻涙管を洗浄してもらったり、外科手術によって改善させてあげたりする必要があるかもしれません。
また、ストレスや運動不足、肥満も原因となりうるので、それらを解消してあげることも防止につながります。

 

2-1.逆さまつ毛の改善

涙やけの原因の一つとして考えられるのが、逆さまつ毛です。
実は目の角膜に向かって逆さに生えてしまっているまつ毛が、角膜を刺激し涙が増えることによって涙やけを誘発してしまうことがあります。
涙やけをしているワンちゃんで逆まつ毛を見つけたら、動物病院で抜いてもらいましょう。
病院では目薬による局所麻酔と先のとがっていない毛抜きによって逆さまつ毛を抜いてくれます。
定期的に病院で抜き必要はありますが、全身麻酔のように大きな負担はありませんので、高齢のワンちゃんでも安心です。
でも自宅で飼い主自ら逆さまつ毛の処理をするのは目を傷つける可能性があり危険ですので、控えましょう。

 

2-2.愛犬用のサプリメントの使用

また、ワンちゃんの涙やけを改善する効果があるサプリメントもたくさん発売されています。
たとえば、エンジェルアイズというサプリメントは、体の内側から働きかけてバクテリアの繁殖を抑えてくれるものです。
いつものドッグフードなどに混ぜて与えることで、個体差はありますが2~3週間ほどで効果が見られると言われています。
このサプリメントは着色料や合成添加物、穀物が含まれていいないので安心して与えることができます。
また、蜂蜜花粉などを含み、ワンちゃんの免疫力を高めてくれるシーポランMAXと呼ばれるサプリメントも涙やけに効果があると言われています。

3.ドッグフードを変えて涙やけが改善した口コミ体験談

涙やけを改善するためにドッグフードを変える飼い主は比較的多いようです。
ただし、高価なドッグフードや良質のドッグフードに代えたからといって必ず涙やけが改善するということはなく、残念ながら逆に悪化してしまう場合もあるようです。
与える品質はもちろんのこと、涙やけ改善にはワンちゃんとそのドッグフードとの相性にもよると言われています。
たとえば、イギリスのドッグフード、カナガンは良質な高たんぱくのドッグフードなので、たんぱく質不足だったワンちゃんは、涙やけが改善したという声がたくさん聞かれます。
それも、ドッグフードを変えて1か月ほどで変化が見られたという声が多いです。

 

3-1.涙やけの改善で毛色まで綺麗になったトイプードル

涙やけになりやすい犬種の一つが、トイプードルです。
特に毛色が淡い個体や、白い個体は涙やけを起こすと見た目にも痛々しく目立ちます。
涙やけはほっておいても改善することはありません。
なりやすいからこそ、ドッグフードを見直したり、サプリメントなどで腸内環境を整えてあげたり、目の周りを清潔にしてあげることで徐々に改善してく子は多いようです。
また、良質のタンパク質がたくさん含まれている無添加のドッグフードに代えることで、涙やけが改善するだけでなく、毛色までキレイになったりといいこと尽くしのワンちゃんもいるのだとか。