> ドッグフードって猫が食べてもいいの?キャットフードとの違いは?

ドッグフードとキャットフードの違いとは

ドッグフード 猫

犬と猫それぞれ体質が違うように、ドッグフードやキャットフードも体質に合わせて内容が違います。
まず、ドッグフードの原材料は肉類を主に使用しており、キャットフードは魚類を主に使用しています。
また、キャットフードはドッグフードに比べてタンパク質や脂肪分が多く含まれます。
さらに、猫の目の健康に必要なタウリンを中心に、ビタミンB群の一種ナイアシン、ピリドキシン、ビタミンAを配合しています。
これらの栄養素は、猫の身体で生成・合成できないので、フードによって体の中に取り込むことを目的に配合されています。
さらに、キャットフードには塩分が多く含まれており、ドッグフードよりも嗜好性の高いフードと言えます。

 

猫にドッグフードを与えても大丈夫?

ドッグフードとキャットフードは配合されている栄養が違いますが、少しぐらい猫にドッグフードを与えることは問題ありません。
しかし、常食してドッグフードを与えていると、タウリンやビタミンAなどの猫に必要な栄養素が摂れなくなり、なおかつタンパク質や脂質も少ないので栄養不足になってしまいます。
タウリンが不足すれば目の病気にかかりやすくなり、拡張性心筋症が起こったり、ビタミンA欠乏症により皮膚に異常をきたすなど様々な病気の原因となる可能性があります。
猫には猫に合わせた栄養素の摂取が必要なため、キャットフードや猫の缶詰を必ず与えるようにしましょう。

 

失明する可能性があるって本当?

キャットフードに必ず配合されている栄養素が、必須アミノ酸であるタウリンです。
タウリンは、魚類や貝類に豊富に含まれ、細胞や筋肉の強化・目の網膜の保護・血圧調整・肝機能向上など様々な効能があり、人間が飲む栄養ドリンクにも利用されています。
猫は、このタウリンを自らの体内で生成・合成できないために食事から摂取する必要があります。
そのため、恣意的にドッグフードを与え続けたりすると、タウリンが不足して網膜に障害が生じ、失明する恐れがあるのです。
タウリンばかりでなく、ドッグフードは猫にとって必要な栄養が十分に配合されてはいないので、猫の健康維持のためにもキャットフードを必ず与えてください。

 

猫に犬用のおやつを与えても大丈夫?

少しの量であれば猫にドッグフードを与えても問題ありませんが、犬用のおやつを与えても大丈夫なのでしょうか?
おやつに関しても、与え過ぎなければ問題はありません。
しかし、塩分や糖分などの調味料や添加物が多く含まれているおやつは、犬猫ともに体に悪いので、なるべく無添加のおやつを選んでください。
猫と犬を一緒に飼っている家庭のために、ササミ、ジャーキー、クッキー、チーズ、歯磨きガムなどの犬猫兼用のおやつも多く市販されています。
「猫に与えて大丈夫かな?」と心配なのであれば、そちらを与えるのもおすすめです。
また、いくら体に問題がなくても、時間や量を考えて与えることが必要です。

 

犬用のおやつを与えるならプロピレングリコールに注意

「プロピレングリコール」とは、保湿・制菌作用がある、セミドライタイプの犬用のおやつによく含まれる保存料です。
人間用の化粧品や食品などにも保湿用として使われるなど、用途が幅広い添加物です。
しかし、猫に犬用のおやつを与える時には、この成分が含まれているものは与えないで下さい。
プロピレングリコールは、犬には影響がないのですが、猫が摂取すると赤血球数が変化し、血液に悪い影響が出てしまうからです。
とはいえ、2009年6月から猫用のフードにはプロピレングリコールの使用が禁止になったので、「猫用」であれば添加されている製品はありません。
「犬用」を与える時は、表示をしっかりと確認してから与えてください。

 

犬にキャットフードを与えても大丈夫?

ここまでは、猫に犬用のフードやおやつを与えた場合を説明してきましたが、逆に犬にキャットフードを与えても大丈夫なのか疑問ですね。
キャットフードは、ドッグフードよりも栄養価が高く、脂肪やタンパク質も多く含みます。
そのため、犬が食べると内臓に負担がかかり、障害が起こる可能性があります。
また、キャットフードには塩分などの添加物が多いため、腎臓に負担がかかる可能性もあります。
さらに、嗜好性が高いためにキャットフードがクセになり、ドッグフードを食べなくなるという問題も起こります。
ペットの健康を守るために、フードはその動物に合ったものを与えることが原則です。