> 愛犬の涙やけを改善するポイントは?原因とケア方法をご紹介!

犬の涙にはどんな役割があるの?

犬 涙やけ

人間の涙は、感情が高ぶり嬉しい時や悲しい時、目に異物が入った時などに出てきますね。
では、犬の涙はどうなのでしょうか?
犬は人間のように感情で涙を流す動物ではありません。
犬の涙には乾燥を防ぐために目を潤す役割、目を雑菌から守る役割、鼻を湿らせる役割があります。
ただし、涙が過剰に出て目の周りの毛が変色している場合には何か原因があります。
この症状は涙やけと呼ばれ、生まれ持った体質や排泄、食べ物などが原因のケースもありますが、病気が原因のケースもあります。
その原因を早く取り除いて愛犬の涙やけを軽減させてあげましょう。

 

涙やけの主な原因

涙やけは流涙症とも言い、涙が過剰分泌され、眼の周りに溢れた涙から細菌が繁殖して結果毛色を変色させることを言います。
その主な原因はゴミが目に入ったり、まつ毛の生え方が悪く眼瞼内反や眼角形成不全などの病気や体質です。
他には、鼻涙管が生まれつき狭く詰まりやすかったり、結膜炎や花粉症などのアレルギーによって涙道の圧迫で涙が排出されにくいこともあります。
また、運動不足やストレス、食べ物が原因になる場合もあります。
涙やけは何らかのトラブルが招いていることが多いですし、毛色が変色するまでになると外見が悪くなるだけでなく、皮膚炎などを患ってしまう子もいますので、酷い場合は動物病院を受診しましょう。

 

涙が過剰に分泌される原因と対策

目にゴミやまつ毛が入る

目にゴミやまつ毛が入り、涙が出てしまうというのは人間でもよくあることですよね。
その際はゴミやまつ毛を取り除いてあげれば大丈夫です。
まつ毛は長いと目に入りやすくなってしまうので、適度にカットしてあげれば良いでしょう。
また、トリミングなどの際にまつ毛が目に入らない様に工夫するのも手です。
目の周囲の毛が長い犬種はあえて毛を伸ばして、頭頂部で結んであげても良いでしょう。
毛が目に入らないので、涙やけを予防できます。
涙やけを起こさないためには常に目の周りを清潔に保つことが大切なので、日常的なケアを心がけましょう。

 

花粉症やアレルギー

花粉症や食べ物アレルギーなどが原因の場合は、実際に愛犬がどんなアレルギーなのか把握すること、その原因を排除することが大切です。
原因を排除しなければ、症状は悪化する一方です。
アレルギー反応が出ている場合、愛犬は目が痒くなり掻いたり、何かに擦りつけている可能性が高いです。
病院でアレルギーの検査を受け、花粉症やハウスダストなどが原因の場合はこまめに掃除して、部屋をキレイにするという方法で涙やけを改善できます。
また、食物アレルギーの場合は、粗悪なドッグフードだと添加物や質の悪いタンパク質を使用していて、体内で分解できず化学物質が溜まり、アレルギー症状を引き起こしていると考えられます。

 

涙腺や涙管などのトラブル

パピー時代から異常なくらい涙量が多い場合は、生まれつきの欠陥が考えられますので動物病院の受診が必要です。
また、涙腺や涙管などのトラブルの場合、結膜炎や角膜炎だと涙嚢や涙小管に炎症を起こし、ウイルスや真菌、鼻ダニによって鼻炎を起こすとその炎症で鼻涙管が圧迫され、涙の排出が悪くなり涙やけを起こします。
その際は抗生剤などの外用薬による治療をします。
また、鼻炎は酷くなると副鼻腔炎を併発することもあります。
歯周病でも副鼻腔炎になることがあるので、歯の手入れも大切です。
先天的遺伝の鼻涙管狭窄、鼻涙管閉塞の場合は鼻涙管が細くなったり、詰まったりして涙が鼻まで行かず、逆流し涙やけになります。
涙小管を生理食塩水を注いで洗浄してあげましょう。
眼角形成不全や完全に鼻涙管が閉塞している先天的な奇形無孔涙点の場合は、外科手術で治療します。
稀に炎症や外傷などの原因もあり、その場合は原因を治療すれば治ります。

 

運動不足やストレス

運動不足やストレスも涙やけの原因になります。
運動量が足りないと新陳代謝が悪くなり体液の流れが悪くなるので、体内の老廃物が溜まりやすくなるからです。
また、犬には外でしか排泄しない子もいますが、散歩の時間が少ないとその時間がなく、おしっこを体内に溜め込んでしまいます。
人間は体内におしっこを溜め込むと体に悪影響が出ますが、犬も同様です。
ただ、外でしか排泄しない子でも、遊びの時間をたくさん取ってあげると室内で排泄くれる場合もあります。
そのため、対策の一つとして散歩の時間を増やすことで涙やけの予防に繋がります。
また、ストレスで免疫力が低下してしまうこともあります。
日頃から愛犬と遊ぶ時間を確保し、ストレスのない環境をつくってあげましょう。

 

ドッグフードやおやつの質

ペットフードやおやつは加工品である以上、品質を保つために添加物が含まれていることが多く、粗悪なものには肉食の犬には消化しにくい穀物が多く含まれていることもあります。
先に説明した様に、穀類や添加物、質の悪いタンパク質が使われている粗悪なドッグフードだとアレルギー反応を起こしてしまうことが多く、涙管を詰まらせる原因になります。
人間の赤ちゃんに食べさせるものについては、なるべく添加物の入っていない高品質な原材料にこだわりますよね。
犬も同様です。
ドッグフードやおやつなどの食事は高たんぱくなものを避け、原材料も高品質なモノを選び気遣いましょう。
また、手作り食も良いでしょう。
涙やけ対策用のサプリもありますので、それを与えてもよいです。

 

コラージュフルフル・ベビーパウダー・アイボンは涙やけ改善に有効?

「コラージュフルフルやベビーパウダー、アイボンは涙やけ改善に有効」という情報を耳にしたことがあるかもしれませんが、あまりおすすめはしません。
コラージュフルフルは抗真菌作用や殺菌作用があり、涙やけでただれた皮膚の洗浄殺菌ができる上、硬くなってしまった毛を柔らかくほぐすことは可能です。
ただし、涙やけ自体の改善には繋がりません。
次に、ベビーパウダーにはコーンスターチやタルクが使用されていて殺菌成分がありますが、基本的に吸湿を目的とした商品です。
毛を乾燥させることはできますが、涙やけの改善には向いていません。
アイボンはペット用ではなく、人間用に作られた製品なので使用しない方が良いでしょう。

 

動物病院ではどんな治療が受けられる?

涙やけの原因が分からない場合や家で対策をしても治らない場合は、動物病院を受診しましょう。
元々の体質が原因で涙やけになっている場合には、お家のケアだけでは改善できません。
動物病院での治療法には、以下のようなものがあります。
フローレステストという検査はフルオルセインという染色液を目に垂らし、その液が通り抜けるか抜けないかで鼻涙管が開通しているか狭窄しているかを調べる方法です。
鼻涙管が狭窄や閉塞されていた場合は、涙管洗浄を行います。
涙が流れていく穴に管を差し込み、全身麻酔の下で洗浄していきます。
費用は処置する病院によって変わりますが、血液検査と麻酔、処置料を合わせて2万円から2万5千円程度です。
また、逆まつ毛が原因の場合は、まつ毛を抜くだけで治ります。
費用は診察と治療を含めて3000円前後です。
ただし、再発しますのでその都度治療が必要です。
眼瞼内反症が原因の場合は、眼瞼が内側に入り込み目の表面に当たって涙が出てしまうものなので、手術が必要です。
費用は血液検査と手術代で3万5千円前後になります。

 

涙やけの予防法

目の周りを清潔に保つために拭いたり、目の周りの毛を小まめに切ることで涙やけを予防できます。
目の周りを拭き取る際には、涙やけ専用クリーナーや天然ハーブのローション、オキシドール、重曹、弱酸性のホウ酸水を使用して、細菌の繁殖を防ぐと効果的です。
ゴシゴシ擦らずに優しく押さえて目ヤニなど汚れを落としましょう。
ホウ酸水は殺菌剤として使用されますが、眼科でも医薬品として使用されています。
自宅でホウ酸水を作る場合は、精製水150mlを60度に温め、その中にホウ酸3gを溶かします。
密閉できる容器に入れ、冷蔵庫で保管し使用しましょう。
使用期限は2週間です。

 

涙やけしやすい犬種について

基本的に涙やけや目ヤニが生じやすい犬種は、プードル、マルチーズ、チワワ、シーズー、ダックスなどの目が大きく鼻が短い短頭犬種の小型犬です。
トイプードルやマルチーズは毛が長いので、目の周りの毛が目に入りやすく涙やけになりやすい犬種です。
こまめにトリミングをしたり、頭頂部を結うなど工夫をしましょう。
特に、チワワは目が大きく短頭種で鼻涙管が狭窄しやすいので、涙やけを起こすことが多いようです。
タンパク質の多いフードやおやつを与えないよう気を付けましょう。
シーズーも短頭種で目が大きく、涙袋浅く、鼻涙管が狭窄しやすいので、マルチーズ同様目の周りの毛をトリミングしたり、頭頂部を結ぶなど工夫しましょう。
そして、ダックスはアレルギー体質で涙やけを起こしやすいので、フードやおやつの原材料に気を遣いましょう。

愛犬におすすめのドッグフードは「カナガン」

カナガンドッグフード

愛犬の健康に良いドッグフードをお探しなら「カナガンドッグフード」がおすすめです。

カナガンドッグフードは、犬の健康を第一に考えて作られています。
無添加なのはもちろん、グレインフリー(穀物不使用)で野菜やハーブなど、ナチュラルで栄養のある材料をバランスを考えて配合しているため、犬でも消化がしやすいのです。

さらにカナガンは食いつきの良さにも定評があります。
カナガンに変えてから食いつきがよくなった、ご飯タイムになるとすごく喜ぶようになった、といった口コミも多いです。
犬にとっておいしいドッグフードだということですね!

もし今ドッグフードにお悩みなら、犬にも飼い主にも嬉しい「カナガンドッグフード」を是非一度お試しください。

犬が喜ぶドッグフードはカナガン