ドッグフードの危険な成分解説!

ドッグフードに含まれる危険な成分がどの様に危険なのか、解説します。

・酸化防止剤(保存料)
酸化防止剤とは、簡単に言えば保存料のこと。つまり、ドッグフードを腐らせない、日持ちさせるためのものです。
酸化防止剤に含まれる成分は発ガン性があるとされ、人間の食べ物や農薬でも使用することが禁止されています。
見分け方としては、包装に記載されている材料を見る事もそうですが、極端に賞味期限が長いもの(製造から2年以上)には注意するようにしましょう。

・着色料(発色剤)
着色料は、ドッグフードの見栄えを良くする為に使用されています。
主に缶詰などのウェットタイプやビーフジャーキーに含まれており、赤々とした、「お肉」っぽい色を再現するためのものです。
危険な着色料として代表的な「亜硝酸ナトリウム」には、アレルギー症状を引き起こしたり、発がん性があります。

・人工甘味料(調味料)
甘味料は、犬の食い付きが良くなり、ドッグフードのボリュームを増やす事ができ、さらに安いという、作り手に好まれる添加物です。
ドッグフードに含まれる人工甘味料は犬の健康に危害を加える可能性が高いです。
また、ドッグフードに甘味料や調味料が多く含まれていると、糖分・塩分の摂り過ぎとなり、内臓へ負担がかかってしまいます。
それにより、内臓の機能が低下し、糖尿病やアレルギー症状、涙やけなどのリスクが伴うのです。

・ミール(肉副産物)
ドッグフードには鶏肉が使われることが多く、「チキンミール」と記載されている場合もあります。
ドッグフードの原材料に記載されているミールは、普段私たちが食べている様な普通のお肉の事ではありません。
チキンミールは、人間の食用として使われない部分を使用して加工されます。鶏が使われていれば表記することが可能で、内臓・骨・トサカ・羽根等が混ざっている場合が多いです。
さらに、ガンなどの病気や寄生虫に汚染されている部位があってもお構いなしに使われます。
この様なミールが、犬の健康に良いはずがありません。

穀物
穀物は、犬には消化しづらいため栄養価値が低いにもかかわらず、ドッグフードの量や大きさを増すために使われます。
犬は肉食動物の為、穀物を食べる為の体の構造になっていません。
その為、穀物が含まれたドッグフードを食べ続けると、消化が不完全になり、肥満や糖尿病、低血糖症などの病気になりやすく、さらに、消化器異常や皮膚トラブルなどのアレルギーを引き起こす恐れがあります。