> ボーダーコリーにおすすめのドッグフードー子犬でも食いつきが良いのは?

ボーダーコリーに最適なドッグフードの選び方

ドッグフード ボーダーコリー

イギリスで生まれ、牧羊犬として活躍してきたボーダーコリーは、人懐っこく飼い主に忠実で、賢い犬種です。
また、俊足で瞬発力や跳躍力が高く、運動神経抜群の犬種です。
一方で、太りやすく、膝蓋骨脱臼や股関節形成不全と言った関節疾患になることが多い犬でもあります。
そんなボーダーコリーに最適なドッグフードを選ぶ時は、グルコサミンやコンドロイチンを多く含んだドッグフードを選ぶと良いでしょう。
グルコサミンやコンドロイチンには、骨格の形成をサポートし、関節疾患を予防する効果が期待できます。
このページでは、「太りやすく、関節疾患が多いボーダーコリーに最適なドッグフードとは何か?」という点について詳しくまとめていきたいと思います。

 

ボーダーコリーにおすすめのドッグフードランキング!

関節疾患の多いボーダーコリーにはカナガンがおすすめ!

繰り返しになりますが、ボーダーコリーは、膝蓋骨脱臼や、股関節形成不全と言った関節疾患にかかりやすい犬種です。
そんなボーダーコリーにおすすめのドッグフードが「カナガン」です。
カナガンのドッグフードは、イギリス産の高級ドッグフードとして知られています。
小麦やトウモロコシ、大麦と言った犬の皮膚トラブルやアレルギーを引き起こす原因となる穀物類を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。
また、カナガンで使用されている原材料は、ヒューマングレードの高品質で新鮮なものが厳選して使用されているため、安心して愛犬にあげることができるフードなのです。
ボーダーコリーがかかりやすいと言われている関節疾患は、太りすぎにより悪化してしまうことがあります。
カナガンのドッグフードは、余分な脂肪を落とし健康維持をサポートする上、関節の良好な状態を保つグルコサミン・コンドロイチンが配合されているのです。

 

体重が気になるならアランズナチュラルドッグフード

運動量が少なくなるシニア犬や、ダイエットが必要なボーダーコリーにおすすめなのが、アランズナチュラルドッグフードです。
アランズナチュラルドッグフードは、犬が犬らしく活動するために、祖先である野生の犬が食べていたものを反映させた「自然給餌」と言う考えの基に作られた100%無添加のドッグフードです。
そのため、原材料にはヒューマングレードの人が食べるために作られた野菜や肉が使われています。
また、人工添加物や肉副産物も一切使用せず、アレルギー源となりやすいと小麦や大豆、トウモロコシ、牛肉、豚肉を一切使用していない安心・安全なドッグフードなのです。
メイン食材にはラム肉を使用し、10種類のみの原材料で作られたアランズナチュラルドッグフードは、ローカロリーで低アレルギーで、体重が気になるワンちゃんにピッタリのドッグフードです。

 

超小粒で小型犬も食べやすい!ネルソンズドッグフード

ボーダーコリーだけでなく、チワワやティーカッププードル、ミニチュアダックスフンド等、小型犬にもおすすめなのが、ネルソンズドッグフードです。
ネルソンズドッグフードは、超小粒で食べやすく、オリゴ糖が腸内環境を、グルコサミン・コンドロイチンが関節のサポートをしてくれます。
また、ドッグショーでの重要な審査基準である「骨格」や「毛並み」に効果のあるサーモンオイルや海藻等を使用し、高タンパク・低炭水化物のドッグフードなのです。
そして、何より人工添加物、着色料、保存料や香料を一切使用していない安心・安全のドッグフードです。

 

みんな何を選んでる?飼い主さんの口コミ・評判

やっぱり犬って肉食なんですね

我が家のボーダーコリーは、年齢にともない食欲がなくなってきており困っていました。
そんな時、友人が教えてくれたのが「カナガン」のドッグフードです。
カナガンのドッグフードは、グレインフリーで、高タンパク・低炭水化物の動物性原材料が中心のドッグフードと言うことで期待値も高く、愛犬にあげてみました。
期待通り子犬・老犬問わず犬にとっての消化がとても良いようで、我が家の愛犬も食いつき抜群でした。
継続してあげていると、毛並みや表情も良くなってきて、愛犬の毛艶を見ていても栄養バランスが良いのが感じられるドッグフードです。

 

価格と相性であげています

我が家は、メスの4歳半で体重が14.5㎏と超小型サイズのボーダーコリーを飼っています。
我が家では、イノーバとソリッドゴールドをあげています。
その時に割安の方を購入しており、特にローテーションをしている訳ではありません。
ロイヤルカナンユーカヌバ等の価格帯のフードであれば、穀物含有の問題はあまり気にしていません。
私が知っている穀物不使用のフードと言えば、オリジン、アカナくらいですが、超高額なので購入したことはありません。
試供品を食べさせてみたところ、食いつきはとても良かったのですが、日常食として購入しづらいですね。

 

ボーダーコリーの子犬でも食いつき良く食べます

我が家にいるボーダーコリーは生後4ヶ月の子犬ですが、プリンシプルをあげています。
元々ブリーダーさんがあげていたフードを継続して購入していますが、生後4ヶ月でも固いままバクバク食べています。
一度SOLVIDAの試供品もあげてみましたが、これも食いつきは良かったです。
ただ、SOLVIDAはボーダーコリーにはかなり小粒だと思います。
無料で試供品を頼める会社や、オークションなどで試供品の詰め合わせを売っているところもあるので、愛犬に合うフードを色々検討していきたいと思います。

 

ボーダーコリーの1日の給餌量の目安は?

愛犬の健康を守るためにも、毎日の食事の管理はとても重要です。
ボーダーコリーの1日の給餌量は一体どれくらいなのか、今の給餌量は適量なのかについてまとめていきたいと思います。
まず、現在与えているエサが適量かどうかを測るには、糞が一つの目安となります。
エサを与えすぎている場合、糞がやわらかくなります。
一方、エサの量が足りていない場合や少ない場合は、糞が硬くなります。
毎日の糞の状態や、体を触った時の体型の変化などに気を付けながら、エサの量を調節してあげると良いでしょう。
給餌量はドッグフードにより異なるので、ドッグフードに記載されている給餌量を目安にすることが大切です。
一般的なボーダーコリーの給餌量としては、1回の量が40~60g程、1日2,3回に分けてあげることが理想的ではありますが、1匹1匹の生活環境に合わせてあげることが大切です。

 

ボーダーコリーがドッグフードを食べない原因と対策は?

「うちの子ががドッグフードを食べてくれない・・・」とお悩みの方に、ドッグフードを食べない原因と対策についてまとめていきたいと思います。
食べない原因として考えられるのは、まず体の不調です。
元気がなかったり、糞の状態を見て異変を感じたら、病院へ連れて行ってあげましょう。
次に、運動不足による食欲不振です。
犬も人間同様、動かなければお腹が空きません。
運動量が必要なボーダーコリーの場合は、お散歩時間や1日の運動時間の見直しをしてみましょう。
また、食事の他におやつを与えている場合にもドッグフードを食べないことがあります。
特におやつがドッグフードより美味しい場合は、おやつしか食べなくなることがあります。
しかし、犬用のおやつはカロリーが高く、十分な栄養を摂ることも出来ません。
その結果、体調不良に繋がってしまうこともあります。
食事の時間の他におやつをあげている場合は、一度完全におやつを断ちましょう。
その他に考えられる原因としては、置き餌による「いつでもご飯を食べられる」状態にしている場合や、単純にドッグフードの味に飽きていると言う場合です。
置き餌をしていると、犬は「いつでもご飯を食べられる」=「今食べなくてもいいや」となります。
食事時間は決めておき、時間を過ぎたら片付けるようにしましょう。
また、単純にドッグフードの味に飽きている場合ですが、これは犬のワガママです。
そこでフードを変えてしまうと、ワガママに拍車をかけてしまう結果になりかねません。

なので、ドッグフードの味に飽きて食べない場合は、同じフードを出し続けることが重要です。

愛犬におすすめのドッグフードは「カナガン」

カナガンドッグフード

愛犬の健康に良いドッグフードをお探しなら「カナガンドッグフード」がおすすめです。

カナガンドッグフードは、犬の健康を第一に考えて作られています。
無添加なのはもちろん、グレインフリー(穀物不使用)で野菜やハーブなど、ナチュラルで栄養のある材料をバランスを考えて配合しているため、犬でも消化がしやすいのです。

さらにカナガンは食いつきの良さにも定評があります。
カナガンに変えてから食いつきがよくなった、ご飯タイムになるとすごく喜ぶようになった、といった口コミも多いです。
犬にとっておいしいドッグフードだということですね!

もし今ドッグフードにお悩みなら、犬にも飼い主にも嬉しい「カナガンドッグフード」を是非一度お試しください。

犬が喜ぶドッグフードはカナガン